Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

統計学における変動の使用例【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

統計学における変動の使用例【統計解析講義基礎】

統計学における変動の使用例【統計解析講義基礎】


統計学における変動の使用例【統計解析講義基礎】

 

概念としての変動は、人間行動に生起する個人間および個人内の変化について洞察を与えるので、魅力的な話題です。

 

これはしばしば個人差と呼ばれています。

 

この考えが、たとえば子どもの肥満といったように、現在の関心事である話題んい適用される際、変動は、変化の重要な測度という以上の意味を持ちうるものです。

 

子どもの肥満は、しばしば、神経系、特に自律神経系、つまり本人が統制できない神経システム(自律神経系は、呼吸や心拍を統制している)の機能不全と関係があるとされています。

 

科学者たちは、思春期(おおよそ十代)にある子どもたちが、肥満にともなう代謝のコントロールの問題のため、心拍変動が減少するなどの自律神経系の問題にさらされやすいかどうかを研究しました。

 

チェンらの研究では、過体重あるいは肥満の84人とそうでない87人の子どもについて、思春期の発達が自律神経系機能に及ぼす影響について検討しました。

 

子どもたちの自律神経系は、心拍変動を測定することで検討されました。

 

研究の結果は、過体重あるいは肥満の子どもは心拍変動が有意に低く、これは身体活動レベルと正の相関がある、というものでした。

 

研究者たちは、肥満は特に思春期の子どもの自律神経系機能に不利に働くこと、そして、自律神経系機能改善のため、思春期の子どもに運動するように促すべきであり、それは肥満を緩和することになるだろうと結論づけました。

 

研究者らは、応用的な観点から、学校の看護師は、特に思春期の子どもについて、疲労、興奮、無気力といった自律神経系の機能不全の兆候に気づくべきであると示唆しています。

 

さらに研究者らは、体育教師と協力して、適切な身体活動プログラムを立案し、生徒らの日々の活動にふさわしい健全な環境を提供することを提案しています。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

統計学における変動の使用例【統計解析講義基礎】

統計学における変動の使用例【統計解析講義基礎】

統計学における変動の使用例【統計解析講義基礎】