Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

統計学における関係の有意性検定【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

統計学における関係の有意性検定【統計解析講義基礎】

統計学における関係の有意性検定【統計解析講義基礎】


統計学における関係の有意性検定【統計解析講義基礎】

 

変数間の関連については、t検定を用いて有意性の検定がなされます。

 

統計量に関するどんな有意性の検定もそうであるように、得られた値を臨界値と比較することで、統計的に有意な関連があるかどうかが決定されます。

 

散布図を作成してみれば、2変数の間に関連があるかどうかをどのように確かめることができるか、わかるでしょう。

 

自閉症は、今では自閉症スペクトラムというより広い定義の一部ですが、成人にも子どもたちにも多くみられる障害です。

 

ここで例としてとりあげる研究で、研究者たちは、自閉症における多感覚機能障害(聴覚、視覚、触覚、および口唇感覚の機能不全)と、自閉症の深刻度との関連を検討しています。

 

これはまさに相関分析を使用するのに最適の状況です。

 

自閉症の診断が下された104名の対象者(3-56歳)について、感覚プロフィールが作成されました。

 

結果を分析したところ、プロフィールに含まれる異なる要素間に有意な相関が示されました。

 

異なる年齢集団について分析した結果、感覚障害と自閉症の深刻度は、子どもにおいては相関しましたが、青年、成人では相関しませんでした。

 

対象者においてすべての主な感覚モダリティと多感覚処理が影響を受けていることから、自閉症における感覚処理の機能不全は本質的に普遍的であると、研究者たちは指摘しています。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

 

統計学における関係の有意性検定【統計解析講義基礎】

統計学における関係の有意性検定【統計解析講義基礎】

統計学における関係の有意性検定【統計解析講義基礎】