統計学基礎入門セミナー

統計学セミナー

インターネットアンケート調査調査の統計学

 

インターネットアンケート調査調査の統計学

 

インターネットアンケート調査とは、インターネットなどで回答者を公募し、アンケートの回答をWebサイトで行う方法です。

 

インターネットアンケートは、回答者を公募して行う調査です。

 

調査対象者リストがなくても可能、サンプリングなしでも可能、調査員が不要、回答データはそのまま集計できるなどのため、短期間で調査結果が判明する、調査費用が安い、大量の標本数が確保できるなどの長所があります。

 

一方、インターネットアンケートでは、回答者が性・年齢や氏名を偽ることができるため、回答者の匿名性、代表性のあいまいさ、謝礼目当ての重複応募などの欠点もあります。

 

インターネットアンケートには、調査会社のモニター会員対象の「クローズ型調査」と、Webサイト訪問者、メールマガジン読者やテレビや新聞広告などで告知・依頼する「オープン型調査」があります。

 

インターネット調査の専門会社では、モニターの特性を把握していますので、例えば東京都内在住の子供のある30歳代既婚女性を調査対象とするアンケート調査を実施することができます。

 

個人情報保護法により住民基本台帳などの閲覧が不可能になり、従来の統計的な標本抽出ができない、調査費用の削減などの調査環境の悪化により、インターネットアンケート調査が全盛になっています。

 

しかし、インターネットアンケート調査は、国民全体や特定地域の20歳以上の男女個人などを対象とする世論調査、意識調査や使用実態調査には適しません。

 

インターネットを利用しない人、アンケート調査に無関心な人や個人情報の流出を懸念して忌避する人が、対象に含まれていないからです。

 

一方、多数の回答者があれば、全体の傾向が把握できることもありますので、調査モニターの回答から全体を推計するための研究も行われています。

 

統計学セミナー

インターネットアンケート調査の統計学

統計学は、自己流の学習では効率悪く時間の無駄であるばかりか、間違った手法で学会発表や論文発表をしてしまうリスクがあります。本セミナー受講により、統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。