統計学基礎入門セミナー

統計学セミナー

統計学におけるアンケート調査の活路と末路

 

統計学におけるアンケート調査の活路と末路

 

アンケート調査はさまざまな用途、場面で応用されています。

 

@広告・販促ツール: Webの動画やテレビ番組などで、放映中の広告画面を見ている視聴者向けにアンケートを表示し、回答結果を画面上にリアルタイム表示すれば、視聴者の注目を高め、反響もすぐにわかります。

 

Aコミュニケーションツール: 交流サイトにアクセスした人が自由に質問を作り、回答を集めて皆で楽しむなど、アンケートが交流の潤滑剤に利用されています。

 

Bアンケートマシン: 高速道路のサービスエリアのトイレでアンケートマシンを見かけました。トイレ利用後などの評価を3つの選択肢ボタンから選ぶものでしたが、節電のため電源が抜かれ、悲しい末路をとげていました。

 

Cエンターテインメントへの応用や犯罪への悪用: アンケートで話を盛り上げるアンケート漫才やテレビ番組、アンケートと称して物を売りつけたり、個人情報を盗む詐欺もあります。

 

アンケート調査は情報収集だけでなく、情報発信や交流手段にも応用できますが、恣意的な情報や誤った情報で世間を惑わす道具になったりもします。

 

新たな情報機器が開発されるにつれて活用場面が増えますが、悪用・誤用の機会も増えています。

 

統計学セミナー

アンケート調査の活路と末路

統計学は、自己流の学習では効率悪く時間の無駄であるばかりか、間違った手法で学会発表や論文発表をしてしまうリスクがあります。本セミナー受講により、統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。