統計学基礎入門セミナー

統計学セミナー

統計学基礎

統計学基礎わかりやすい統計学
統計学基礎とっつきにくい統計学
統計学基礎統計学の昔と今
統計学基礎統計学のマスターには努力が必要
統計学基礎統計学の重要な柱:記述統計
統計学基礎統計学最重要の要約統計量:平均
統計学基礎統計学では平均だけで説明できない
統計学基礎統計学で重要な要約統計量:標準偏差

統計学基礎統計学で重要な順序統計量:パーセント値
統計学基礎統計学の重要な柱:推測統計
統計学基礎統計学的推測:母集団と標本
統計学基礎統計学最重要の確率分布:正規分布
統計学基礎統計学における分散の不偏性
統計学基礎統計学で質問の多い標準偏差と標準誤差
統計学基礎推測統計学で重要な信頼区間
統計学基礎推測統計学で重要な仮説検定

統計学基礎推測統計学で重要なt-検定
統計学基礎推測統計学で重要なカイ2乗検定
統計学基礎古典的統計学の枠組み:一般化線形モデル
統計学基礎モデルによる推測統計学:直線回帰分析
統計学基礎統計学最強ツール:ソルバーで最小2乗法を試みる
統計学基礎モデルによる推測統計学:重回帰分析
統計学基礎直線回帰分析を行うべきかどうかの統計学的判断
統計学基礎統計関数を使った行列計算による重回帰分析

統計学基礎回帰診断統計量:決定係数またはR2乗
統計学基礎回帰診断統計量:誤差の標準偏差またはRMSE
統計学基礎統計学における回帰と相関の違い
統計学基礎モデルによる推測統計学:ロジスティック回帰分析
統計学基礎モデルによる推測統計学:ロジスティック判別分析
統計学基礎推測統計学における最尤推定法
統計学基礎統計学で難解な多変量解析
統計学基礎統計モデルの複雑性

統計学基礎統計学における実験計画法:フィッシャーの3原則
統計学基礎統計学者フィッシャーの考案した紅茶の実験
統計学基礎統計学におけるサンプルサイズの設計
統計学基礎統計学において注意すべき交絡
統計学基礎統計学における実験計画法:要因実験
統計学基礎統計学で耳にするパラメトリックとノンパラメトリック
統計学基礎統計学で欠かせない確率の概念
統計学基礎統計学で欠かせない条件付き確率の概念

統計学基礎誤差の統計学的分析:一元配置分散分析
統計学基礎統計学的処理の意味を理解する
統計学基礎統計学で重要な要約統計量:分散
統計学基礎統計学で重要な順序統計量:中央値
統計学基礎統計学で重要な要約統計量:最頻値
統計学基礎統計学で重要な数学的確率と経験的確率
統計学基礎統計学で重要な効果指標:オッズとオッズ比
統計学基礎統計学のマジック:シンプソンのパラドックス

統計学基礎統計学で誤解されやすい有効率
統計学基礎統計学で重要な順序統計量:四分位数
統計学基礎記述統計学における散布図の威力
統計学基礎記述統計学におけるヒストグラムの威力
統計学基礎統計学的情報縮約:主成分分析とは
統計学基礎統計学的情報縮約:主成分分析における計算方法
統計学基礎統計学的情報縮約:主成分分析のソルバーによる実行
統計学基礎統計学的情報縮約:主成分分析における変数間の関係

統計学基礎誤差の統計学的分析:一元配置分散分析事例
統計学基礎統計学における自由度
統計学基礎ビッグデータの統計学
統計学基礎統計学学習における時間管理法
統計学基礎統計学で重要な確率の加法定理と乗法定理
統計学基礎統計学で重要な算術平均と幾何平均
統計学基礎統計学的意味での期待値
統計学基礎Excelは統計学学習の最強ツール

統計学基礎EZRは優れた無料統計ソフト
統計学基礎マウスは統計解析に必須です
統計学基礎正規分布のウソを見抜く統計学
統計学基礎統計学における相対度数
統計学基礎統計学でよく使う円グラフ
統計学基礎統計学は今後ますます必要
統計学基礎偏差値の統計学
統計学基礎統計学における相関と因果関係

統計学基礎データ解析と統計ソフト
統計学基礎統計的検定
統計学基礎統計的変数選択
統計学基礎統計学セミナーについて
統計学基礎統計学におけるベイズの定理
統計学基礎主成分分析は情報縮約の統計学
統計学基礎統計学における確率変数と確率分布
統計学基礎統計学における離散型分布

統計学基礎ベイズの定理における因果関係の統計学
統計学基礎不完全データの統計学
統計学基礎統計学におけるデータの視覚化
統計学基礎統計学における平均値の計算法
統計学基礎統計学におけるデータの構造
統計学基礎統計学におけるデータの要約
統計学基礎統計学における欠測値と外れ値
統計学基礎統計学における調査誤差とバイアス

統計学基礎統計学における第1種の誤りと第2種の誤り
統計学基礎図や表の見方の統計学
統計学基礎統計学における標本抽出方法1
統計学基礎統計学における標本抽出方法2
統計学基礎図の作り方の統計学
統計学基礎データのまとめ方の統計学
統計学基礎比と割合の統計学
統計学基礎割合と率の統計学

統計学基礎率とハザードの統計学
統計学基礎統計学における平均への回帰
統計学基礎統計学における項目反応理論
統計学基礎テストの信頼性と妥当性の統計学
統計学基礎統計学における項目分析
統計学基礎統計学における尺度の水準
統計学基礎品質管理の統計学
統計学基礎統計的品質管理

統計学基礎統計学におけるQC七つ道具
統計学基礎統計学における3シグマのルール
統計学基礎統計学における抜取検査
統計学基礎実験計画法の統計学
統計学基礎統計学におけるタグチ・メソッド
統計学基礎統計学における多変量のデータ解析
統計学基礎統計学とは何か
統計学基礎平均値と中央値の統計学

統計学基礎標準偏差と四分位範囲の統計学
統計学基礎統計学においてバイアスとどうつきあうか
統計学基礎統計学におけるデータの本質
統計学基礎統計学におけるローレンツ曲線
統計学基礎統計学におけるジニ係数
統計学基礎統計学における偏相関
統計学基礎システムの信頼性の統計学
統計学基礎極値統計とワイブル分布

統計学基礎統計学におけるハインリッヒの法則
統計学基礎統計学におけるFMEA
統計学基礎統計学におけるかんばん方式
統計学基礎経済統計の大規模調査
統計学基礎経済統計の標本調査
統計学基礎事業所と企業の統計学
統計学基礎人口の統計学
統計学基礎住宅と土地の統計学

統計学基礎世帯の収入と支出の統計学
統計学基礎統計学における割合の思考
統計学基礎統計学におけるモデルと説明
統計学基礎割合から確率への統計学
統計学基礎標本調査と統計的推測
統計学基礎統計調査について
統計学基礎統計学における調査対象について
統計学基礎数字から受ける印象の統計学

統計学基礎統計量を正しく理解しているか
統計学基礎統計学におけるデータの分布と可視化
統計学基礎統計学における層別と相関
統計学基礎データから予測する統計学
統計学基礎統計学における降水確率の意味
統計学基礎統計学における確率の意味
統計学基礎統計学における条件付き確率と独立
統計学基礎統計的推測の手がかり

統計学基礎労働力と失業率の統計学
統計学基礎賃金と労働時間の統計学
統計学基礎価格指数の統計学
統計学基礎数量指数の統計学
統計学基礎統計学における価格指数と品質変化
統計学基礎消費者物価指数の統計学
統計学基礎企業物価指数の統計学
統計学基礎その他の価格指数の統計学

統計学基礎経済の時系列データと季節調整の統計学
統計学基礎統計学における景気を見る指標
統計学基礎統計学における国民経済計算
統計学基礎産業連関表と産業連関分析の統計学
統計学基礎官庁統計
統計学基礎企業の活動の統計学
統計学基礎統計学における信頼性工学
統計学基礎統計学における古典的テスト理論

統計学基礎統計学におけるS-P表と注意係数
統計学基礎統計学における合否決定の方式

 

 

統計学基礎統計の倫理
統計学基礎アウトカムの統計学
統計学基礎統計学におけるEBN
統計学基礎EBNにおけるエビデンスの活用の統計学
統計学基礎統計学におけるアンケート調査の化学的根拠
統計学基礎人口動態統計の読み方
統計学基礎統計学における肥満と所得の関係
統計学基礎国民栄養調査の統計学

統計学基礎統計学における効果の根拠
統計学基礎統計学では絶対値でなく2乗する
統計学基礎統計学におけるギリシャ文字
統計学基礎統計学において相関関係と因果関係とは異なる
統計学基礎データに対する直感の統計学
統計学基礎統計学における標本という言葉
統計学基礎統計学における信頼という言葉
統計学基礎統計学におけるスチューデントのt分布

統計学基礎日常生活における仮説検定の統計学
統計学基礎ベイズという人は統計学者
統計学基礎裁判の判断に利用される統計学
統計学基礎疫学における因果関係の研究の統計学
統計学基礎リスクを測って行動を決める統計学
統計学基礎統計学におけるベイズ意思決定法
統計学基礎損失の期待値を最小にする統計学
統計学基礎統計学における先物取引

統計学基礎統計学におけるリスクと期待値の交換
統計学基礎統計学では何を学ぶか
統計学基礎統計学はどのようにして始まったか
統計学基礎記述統計はどのようにして使われるか
統計学基礎推測統計はどのようにして使われるか
統計学基礎なぜ統計学の授業を受けるべきなのか
統計学基礎統計ソフトの使い方
統計学基礎統計学における中心傾向の測度とは

統計学基礎統統計学における中心傾向の測度の使い方
統計学基礎国民生活基礎調査の統計学
統計学基礎統計学における平均値の計算法
統計学基礎統計学における平均値の使用例
統計学基礎統計学における中央値の計算法
統計学基礎統計学における中心傾向の測度の決め方
統計学基礎統計学における変動の測度
統計学基礎統計学における変動の使用例

統計学基礎統計学における範囲とは
統計学基礎統計学における標準偏差の計算方法
統計学基礎統計学で標準偏差の計算に自由度を用いる理由
統計学基礎実験研究の統計学
統計学基礎動物実験におけるサンプルサイズの統計学
統計学基礎因子分析の統計学
統計学基礎繰り返しのある分散分析の統計学
統計学基礎多変量分散分析(MANOVA)の統計学

統計学基礎統計学における関係の有意差検定
統計学基礎ノンパラメトリック検定の統計学
統計学基礎単回帰分析の統計学
統計学基礎共分散分析の統計学
統計学基礎重回帰分析の統計学
統計学基礎効果量の統計学
統計学基礎統計学における測定についての理解の重要性
統計学基礎統計学における尺度水準

統計学基礎統計学における信頼性
統計学基礎統計学における信頼性の種類
統計学基礎テストの信頼性の統計学
統計学基礎統計学における妥当性
統計学基礎統計学における妥当性の種類
統計学基礎統計学における妥当性を高める方法
統計学基礎統計学における信頼性と妥当性の関係
統計学基礎統計学における仮説

統計学基礎統計学におけるよい仮説の性質
統計学基礎統計学における標本と母集団
統計学基礎統計学における帰無仮説
統計学基礎統計学における対立仮説
統計学基礎統計学における帰無仮説と対立仮説の違い
統計学基礎統計学における確率の重要性
統計学基礎統計学における正規曲線(ベル曲線)とは
統計学基礎統計学における歪みと尖りとは

統計学基礎統計学の大定理:中心極限定理
統計学基礎統計学におけるZ得点とは
統計学基礎統計学におけるZ得点と正規曲線との関係
統計学基礎統計学におけるZ得点と仮説検定との関係
統計学基礎統計学における多変量解析の概念
統計学基礎統計学における測定尺度
統計学基礎測定尺度と統計分析の関係
統計学基礎統計学におけるパス解析

統計学基礎統計学における因子分析
統計学基礎統計学における多次元尺度構成法
統計学基礎統計学におけるクロス集計表分析
統計学基礎統計学におけるロジスティック回帰分析の考え方
統計学基礎統計学における多変量分散分析(MANOVA)
統計学基礎統計学における判別分析
統計学基礎統計学における重回帰分析と相関分析
統計学基礎統計学におけるMRCの予測への応用

統計学基礎統計の語源について
統計学基礎統計的方法はどんなときに役立つか
統計学基礎ガウスと統計学における誤差分布
統計学基礎ゴールトンと相関・回帰の統計学
統計学基礎林知己夫とデータの統計学
統計学基礎フィッシャーと実験計画法の統計学
統計学基礎統計学と社会調査士制度
統計学基礎専門家のもつ統計学の知識

統計学基礎専門知識の使い道と統計学
統計学基礎統計学的な共通体験
統計学基礎統計学的意思決定に役立つ情報処理
統計学基礎情報とデータと統計学
統計学基礎統計学における異なるデータ形式間の変換
統計学基礎統計学における間隔尺度の取り扱い上の注意
統計学基礎予期しない度数分布の統計学
統計学基礎統計学における度数分布の作り方

統計学基礎統計学における度数分布のクラス幅
統計学基礎統計学におけるいろいろな度数分布の型
統計学基礎統計学における度数分布がもつ情報
統計学基礎統計学における平均値の例
統計学基礎統計学における平均値の計算式
統計学基礎統計学における平均値と度数分布
統計学基礎統計学における平均値の重心としての性格
統計学基礎統計学における特性値としての平均値

統計学基礎統計学における中央値の性質
統計学基礎統計学における最頻値・中央値・平均値の関係
統計学基礎統計学における平均値による総量の推計
統計学基礎統計学における加重平均
統計学基礎統計学におけるバラツキ
統計学基礎統計学におけるレンジと四分位数
統計学基礎統計学における分散と標準偏差
統計学基礎統計学における変動係数

統計学基礎統計学における標準偏差の具体的意味
統計学基礎統計学における正規分布の発見
統計学基礎統計学における正規分布の性質
統計学基礎統計学における複数の変数の扱い
統計学基礎統計学における共分散
統計学基礎統計学における相関係数
統計学基礎統計学における相関係数の求め方
統計学基礎統計学における相関関係と因果関係

統計学基礎統計学における相関についての問題
統計学基礎統計学における分散の加法則
統計学基礎統計学における身長と遺伝
統計学基礎統計学における回帰の定式化
統計学基礎統計学における回帰直線の数式化
統計学基礎統計学における変数間の因果関係
統計学基礎統計学における説明・推測・予測
統計学基礎統計学における数学的モデル

統計学基礎統計学における回帰分析の拡張
統計学基礎統計学における比率の話
統計学基礎統計表の作成
統計学基礎統計学における比率の分母と分子
統計学基礎統計学におけるアンケート調査
統計学基礎訪問面接調査の統計学
統計学基礎訪問留め置き調査の統計学
統計学基礎郵送調査の統計学

統計学基礎来場者調査の統計学
統計学基礎会場アンケート調査の統計学
統計学基礎電話調査の統計学
統計学基礎インターネットアンケート調査調査の統計学
統計学基礎その他の調査手法の統計学
統計学基礎アンケート調査の活路と末路
統計学基礎ノンパラメトリック法の統計学
統計学基礎

統計学基礎

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

統計学基礎

統計学は、自己流の学習では効率悪く時間の無駄であるばかりか、間違った手法で学会発表や論文発表をしてしまうリスクがあります。本セミナー受講により、統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。


統計学基礎記事一覧

わかりやすい統計学あなたは統計学というとどういう印象をお持ちですか、というアンケートをとると、大学時代に習ったけど難しく...

とっつきにくい統計学誤差はわかりにくい統計学は誤差との戦いの学問とも言われており、誤差をいかに上手に処理するかが統計学で...

統計学の昔と今昔は統計学というと、専門家でないと理解できないような学問領域と考えられていました。特に多変量解析などの複雑...

統計学のマスターには努力が必要統計学は魔法のようにあらゆることを解決してくれる技術だからこれを1週間位で身につけたいと思...

統計学の重要な柱:記述統計記述統計は、推測統計と並んで統計学の2本柱の一つです。記述統計は文字通り、データをいかにして記...

統計学最重要の要約統計量:平均平均とは統計学では平均は最も重要な「統計量」といっても過言ではないでしょう。そのくらい平均...

統計学では平均だけで説明できない平均というのは確かにひと言で説明するには便利です。しかし、こんな場合はどうでしょうか。A...

統計学で重要な要約統計量:標準偏差平均と並んで統計学で最もよく使われる統計量が、標準偏差です。平均値が代表値を表すのに対...

統計学で重要な順序統計量:パーセント値平均が大きさを問題にするのに対し、パーセント値は大きさに関係なく順序が重要になりま...

統計学の重要な柱:推測統計統計学で、記述統計と並んで重要なのが推測統計です。推測統計の根底にあるのは、母集団と標本という...

統計学的推測:母集団と標本統計学の柱の一つ、推測統計学では、母集団と標本という考え方がとても重要です。日本人の平均血圧っ...

統計学最重要の確率分布:正規分布正規分布は統計学ではとても重要だといわれています。本当にそうです。正規分布を理解すること...

統計学における分散の不偏性標本の平均は、母平均の良い推定になります。これを不偏性といいます。標本をランダムに抽出し、抽出...

統計学で質問の多い標準偏差と標準誤差統計学の講義で最もよくある質問の一つが、標準偏差と標準誤差の違いは何か、という質問で...

推測統計学で重要な信頼区間統計学では誤差の表現の仕方は様々です。特に標準偏差と標準誤差と信頼区間の違いはわかりにくいです...

推測統計学で重要な仮説検定統計学といえば仮説検定を思い浮かぶ人も多いのではないかと思います。そのくらい、仮説検定は統計学...

推測統計学で重要なt-検定仮説検定というのはトリッキーな方法で、「Aを直接証明することが難しいときに、Aが成り立たないと...

推測統計学で重要なカイ2乗検定次に、何例中何例といった頻度(比率)のデータにおける仮説検定の方法について紹介します。慢性...

古典的統計学の枠組み:一般化線形モデルこれまで仮説検定、回帰分析、分散分析、と沢山の手法を学習してきましたが、勘のいい方...

モデルによる推測統計学:直線回帰分析例えば35歳のときの血圧が135mmHg、45歳のときの血圧が145mmHgであった...

統計学最強ツール:ソルバーで最小2乗法を試みる今、ある病院で同じ治療を受けている4人のU型糖尿病患者で以下のデータが得ら...

モデルによる推測統計学:重回帰分析重回帰分析は、説明変数と目的変数がいずれも連続変数の場合に、複数の説明変数から目的変数...

直線回帰分析を行うべきかどうかの統計学的判断直線回帰分析をあてはめる際に注意しなければいけないことは、散布図があまりにも...

統計関数を使った行列計算による重回帰分析行列の計算が出来れば重回帰分析は簡単多変量解析の手法の多くは行列計算・線形台数の...

回帰診断統計量:決定係数またはR2乗回帰係数と予測値と残差平方和の関係最小2乗法の解は一意に決まるので、ソルバーで得られ...

回帰診断統計量:誤差の標準偏差またはRMSE回帰診断で、R2乗と並んで重要なのが誤差の標準偏差(RMSE)です。上記のE...

統計学における回帰と相関の違い回帰分析回帰(回帰分析)とは、説明変数を使って目的変数を予測する手法です。体重から食前血糖...

モデルによる推測統計学:ロジスティック回帰分析ロジスティック回帰分析は、説明変数が連続変数で、目的変数が2値のカテゴリカ...

モデルによる推測統計学:ロジスティック判別分析ロジスティック回帰分析は、ロジット(対数オッズ)の部分の符号を予測し、判別...

推測統計学における最尤推定法最尤推定法(最尤法)とは、読んで字のごとく尤度を最大にする推定法です。尤度(Likeliho...

統計学で難解な多変量解析多変量解析についてわかりやすく解説した教科書は皆無といっていいかもしれません。多くの多変量解析の...

統計モデルの複雑性回帰分析では、重回帰分析の方が、直線回帰分析よりも最小2乗法で残差平方和が小さくなるので、より予測精度...

統計学における実験計画法:フィッシャーの3原則実験計画法は、データをどのようにして集めるかの方法論で、大学では習わないで...

統計学者フィッシャーの考案した紅茶の実験実験計画法という言葉に聞きなれない方も多いかと思いますが、実は身近にある重要な方...

統計学におけるサンプルサイズの設計差があることを言うのにはサンプルサイズ(N)が必要実験計画法のなかで、標本の大きさ(サ...

統計学において注意すべき交絡農地を2つの区画に分け、一方にはじゃがいもの品種Aを、他方には品種Bの栽培を開始します。半年...

統計学における実験計画法:要因実験緊張性気胸という病気の最適な治療方法を明らかにする目的で、実験計画を立案しました。検討...

統計学で耳にするパラメトリックとノンパラメトリック統計学でパラメトリックとか、ノンパラメトリックという言葉をよく耳にしま...

統計学で欠かせない確率の概念統計学を語る上で確率の理解は避けて通れません。特に推測統計においては確率の理解は必須です。高...

統計学で欠かせない条件付き確率の概念条件付き確率というのは、読んで字のごとく、ある条件のもとにおける確率のことです。した...

誤差の統計学的分析:一元配置分散分析分散分析は誤差の分析測定値には誤差を伴います。その誤差を分析する方法が、分散分析です...

統計学的処理の意味を理解する統計学をこれから勉強しようとするあなたは、何を勉強することをイメージしますか。@難しい数式や...

統計学で重要な要約統計量:分散データがどこを中心として分布しているのかを示すには、平均が便利です。一方、データがどの程度...

統計学で重要な順序統計量:中央値中央値(メジアン)とは、順番に並べたど真ん中の値です。ある5人の年収は以下の通りだとしま...

統計学で重要な要約統計量:最頻値最頻値(モード)も、代表値として用いられる場合があります。最頻値は、読んで字のごとくもっ...

統計学で重要な数学的確率と経験的確率数学的確率いわゆる確率といった場合には、数学的確率を指すことが多いといえます。コイン...

統計学で重要な効果指標:オッズとオッズ比オッズとは、事象が起きなかった例に対する起きた例の比のことです。全体に対する比で...

統計学のマジック:シンプソンのパラドックス信じがたい話ではありますが、集団全体を分母とした場合と、集団を男女別でみてそれ...

医療統計学で誤解されやすい有効率インフルエンザワクチンの有効率インフルエンザワクチンの「有効率60%」という意味は、イン...

統計学で重要な順序統計量:四分位数データを小さい方から順番に並べ同数に4等分したときに、全体の1/4、2/4、3/4の位...

記述統計学における散布図の威力散布図は、記述統計の中でも重要な手法の一つに位置づけられています。特に多数のデータの挙動を...

記述統計学におけるヒストグラムの威力次に、ある病院に入院している以下の65名の患者のデータの分布状態を把握する方法につい...

統計学的情報縮約:主成分分析とは多変量解析のなかには、モデルを使わないで、データそのものから特徴を抽出したりオブザベーシ...

統計学的情報縮約:主成分分析における計算方法以下の例について、主成分分析による総合評価を行いたいとします。運動機能 認知...

統計学的情報縮約:主成分分析のソルバーによる実行相関係数の平方和を最大化する主成分分析では相関係数を最大化するという理屈...

統計学的情報縮約:主成分分析における変数間の関係主成分分析は、総合指標を得るのに便利な手法です。また、主成分分析はたくさ...

誤差の統計学的分析:一元配置分散分析事例一元配置分散分析を以下の事例で行ってみましょう。朝昼夕と1日3回行う実験を、2日...

統計学における自由度統計学では「自由度」という言葉がよく使われます。この自由度とは、いったい何でしょうか。自由度とは一言...

ビッグデータの統計学一時期、「ビッグデータ」という言葉がブームになりました。これは、一般的な統計学データとどう違うのでし...

統計学学習における時間管理法「統計学を勉強する時間がない」「平日は夜まで働いていて、土日は休みたいし、勉強の時間などとて...

統計学で重要な確率の加法定理と乗法定理商店街のくじの抽選、いわゆるガラポン抽選で当たったことはありますか。一等が当たれば...

統計学で重要な算術平均と幾何平均売り上げ高を調べたら、昨年は一昨年の2倍であったとします。また、今年は昨年の8倍あったと...

統計学的意味での期待値宝くじは、たくさん買った方が、1億円が当たる確率が高まるので、たくさん買ったほうがよいという人がい...

Excelは統計学学習の最強ツールエクセルつまりMicrosoft Excelは統計学学習の最強ツールです。エクセルは、...

EZRは優れた無料統計ソフトEZRという統計ソフトをご存知でしょうか。イージーアールと読みます。自治医科大学の神田善伸先...

マウスは統計解析に必須ですここでいうマウスははつかねずみではありません。PCの周辺機器のマウスです。ノートPCは進化し、...

正規分布のウソを見抜く統計学フランスの数学者ポアンカレ(1854-1912)は、近所のパン屋さんが売っている1個100グ...

統計学における相対度数現在打率3割を維持している好打者のイチロー。解説者が「1打席目、2打席目が凡退だったので、この3打...

統計学でよく使う円グラフデータを整理して平均を求めたり、表やグラフを作成して分析したりするのが「記述統計学」です。データ...

統計学は今後ますます必要便利な時代になりました。誰でも携帯可能なPCを持ち、どこでもデータ解析が出来るようになりました。...

偏差値の統計学偏差値とは、テストの得点などを、相対評価のために変換した指標です。例えば、100点満点のテストにおける80...

統計学における相関と因果関係2つの変数についてデータを測定すると、それらの変数の間に、一方が変化するとそれにともなっても...

データ解析と統計ソフトデータ解析を実際に行うためには、データ数が少なければ、電卓などでも可能な場合もあります。しかし、な...

統計的検定統計的検定あるいは仮説検定は、点推定、区間推定と並んで代表的な統計的推測法です。母集団に対する仮説を立て、それ...

統計的変数選択説明変数の選択は、多変量解析における重要な問題の一つです。その変数が目的変数の変動をよく説明するのかが、推...

統計学セミナーについて多くの人は統計学を難しいと感じています。その理由は、難しいと感じる当の本人の問題もありますが、置か...

統計学におけるベイズの定理条件付き確率に関し重要でかつ応用範囲の広い定理としてベイズの定理があります。2つの事象A、Bに...

主成分分析は情報縮約の統計学主成分分析は、複数の観測された変量をそれよりも少ない合成変量すなわち主成分に縮約してデータの...

統計学における確率変数と確率分布確率変数とは、数学的な変数であることに加え、そのとり得る値に確率が付随したものをいいます...

統計学における離散型分布確率変数Xの値が有限個または可算無限個の離散値のみをとるとき、Xを離散型確率変数とよびその分布を...

ベイズの定理における因果関係の統計学2002 年から 2007 年にかけて,台湾では 20 回のスロー地震(身体では感知...

不完全データの統計学データ解析においてデータがすべて得られていないとき、得られなかった部分を含むデータ全体を「不完全デー...

統計学におけるデータの視覚化データの視覚化は、データの特徴を把握し、データ解析のヒントを得たり、データ解析の妥当性を検証...

統計学における平均値の計算法次のような問題が大学の授業で出たことがあります。デイケアセンターAおよびデイケアセンターBは...

統計学におけるデータの構造現在、有能な統計ソフトウェアが普及し便利になった反面、データについての知識がなくても「解析」が...

統計学におけるデータの要約データ全体を眺めることはデータ全体の様子を知るために重要ですが、複数の分布を調べる場合などには...

統計学における欠測値と外れ値調査や実験を行う際には想定された値以外が発生しないように取り組むことが重要です。しかし、記入...

統計学における調査誤差とバイアス調査で得られた数字はどのようにして、誤差や結果の正確性に対する影響の可能性を含むことにな...

統計学における第1種の誤りと第2種の誤り誤報を避けようとしたばかりに2004年3月、六本木ヒルズの回転扉で6歳の男児が頭...

図や表の見方の統計学図や表の中に何を読み、何を推論するか、図や表をどう考えるかはとても大切です。また、これは一見やさしい...

統計学における標本抽出方法1ユニバース、母集団、標本社会を調査しようとする場合、例えば国勢調査のように集団の全員(日本に...

統計学における標本抽出方法2日本のように住民基本台帳や整った選挙人名簿を活用しがたい国や地域では、ランダム・サンプリング...

図の作り方の統計学統計数字(データ)あるいはそれから計算したいろいろな量(統計量)を点、線、あるいはその集まりとして平面...

データのまとめ方の統計学まとめ方には3通りありますデータをまとめるとは、データに含まれる情報を要約することをいいます。と...

比と割合の統計学心臓が収縮するたびに、心臓内に充満した血液の何割くらいを大動脈の中へ送り出しているのかを示す指標がありま...

割合と率の統計学率(rate)とはもともと何か物理学や化学では、「率」は注目した量(y)の時間(t)あたりの変化(微分を...

率とハザードの統計学死にやすさの傾向・年齢別死亡率人は高齢になると死にやすくなります。年齢別(毎)の死亡率は高齢になるに...

統計学における平均への回帰プロ野球選手などで1年目に大活躍した選手は、多くの場合、2年目にはそれほど活躍せず、「2年目の...

統計学における項目反応理論正答確率50%の能力A君はテストのある項目を解けなかった。これをA君が「能力」がなかったからと...

テストの信頼性と妥当性の統計学世の中にはさまざまな「テスト」が氾濫しています。週刊誌などに性格テストと称するものが載って...

統計学における項目分析テストをテストする十分な信頼性(一貫していること)と妥当性(目的に合致していること)をもったよいテ...

統計学における尺度の水準数値データのもつ情報私たちのまわりには、身長・体重やテスト成績など、数値で表されるものが非常に多...

品質管理の統計学製品やサービス(業務)の計画・製作・実行の段階で、その品質上の大きな失敗やミスがあり、このために市場で不...

統計的品質管理統計的品質管理すなわちSQC(statistical quality control)は、品質管理の中核を...

統計学におけるQC七つ道具武士の七つ道具(兜、母衣、弓、矢、刀、太刀、具足)は戦国時代に重要でした。QC七つ道具は難しい...

統計学における3シグマのルール今、一つの実験を試みます。タイトルも含め、この記事にある「の」というひらがなの数がいくつあ...

統計学における抜取検査国勢調査は5年に1度、わが国の人口数の全貌を把握するための全数調査です。しかし、選挙速報にみられる...

実験計画法の統計学問題群 次の問題が与えられています。@蚊に刺されない虫よけの薬AとBがある。どちらがよく効くだろうか。...

統計学におけるタグチ・メソッド夏に靴の中に入れておいたチョコレートが溶け出して困った経験はないでしょうか。周囲温度とチョ...

統計学における多変量のデータ解析「多変量」とはしばしば「大量のデータ」ということばを用いますが、それはある一つの量(変数...

統計学とは何か私の友人で有名なDJが、2万人も集めたミラン公演について話してくれていると、私たちの隣人がタクシーで到着し...

平均値と中央値の統計学「ビル・ゲイツが食堂に入ると平均給料は変化する」。こんな統計家のジョークがあります。大して面白いジ...

標準偏差と四分位範囲の統計学世界で最も裕福な人が安い食堂へ行くこと自体、ましてや二度行くことなどそもそもあり得ないことか...

統計学においてバイアスとどうつきあうか私の人生における素晴らしい瞬間の1つに、サッカーヨーロッパチャンピオンズリーグのイ...

統計学におけるデータの本質データを手に入れても、ただ単にデータを眺めているだけではその本質は見えてきません。しかしながら...

統計学におけるローレンツ曲線度数分布表を活用すれば、所得分配の不平等度や人口集中の程度などを視覚的に捉える図、すなわちロ...

統計学におけるジニ係数ローレンツ曲線を描くことは、不平等度や集中の度合いを視覚的に捉える有用な手法ですが、それを数値化し...

統計学における偏相関あぶない相関20-50歳代の男性会社員20名に対し、xを50m走のタイム、yを年収、zを年齢としてデ...

システムの信頼性の統計学航空機ボーイング747の部品の数、スペースシャトルの部品の数はいくつでしょうか。747は200万...

極値統計とワイブル分布「黄河を治める者は中国を制す」という言葉があるように、古代耕地経済は水流に基礎をおいてきました。ま...

統計学におけるハインリッヒの法則事故になる前にもM社の大型車タイヤ脱落事故により、2002年1月、母子3人が死傷を負いま...

統計学におけるFMEA(failure mode and effects analysis)明日の朝8時より本社41階の...

統計学におけるかんばん方式かんばん方式の哲学90年代前半のバブル崩壊後、たくさんの小売店が在庫品をかかえ、手形を落とすこ...

経済統計の大規模調査社会、経済に関する主要な情報源は大規模な構造統計と、時間的な変化を概観する動態統計に区別されます。構...

経済統計の標本調査経済分析で利用される家計に関する統計や、企業等でも月次統計など速報性を要求される動態統計の大部分は、標...

事業所と企業の統計学事業所(establishment)とは物やサービスの生産活動が行われる基本的単位で、工場、営業所、...

人口の統計学人口統計は、ある時点の規模や構成を表す静態統計と、出生・死亡などの変化を表す動態統計とに分けられます。前者の...

住宅と土地の統計学住宅と土地の保有状況に関する基本的な統計として5年周期で総務省が実施している「住宅・土地統計調査」は、...

世帯の収入と支出の統計学総務省統計局によって毎月実施され、家計収支の実態を把握している「家計調査」は、最近になってさまざ...

統計学における割合の思考100年前にハレー彗星が接近したとき、彗星の尾に青酸が含まれることがわかり、さらにその尾と地球が...

統計学におけるモデルと説明統計学は、多数のデータからなる集団に対して、その集団の傾向を読み取るためのものです。こういう科...

割合から確率への統計学世の中で起きる現象には、多数のデータによるだけでなく、あるできごとが起きるのかどうかが確実にはわか...

標本調査と統計的推測確率を推定する方法を応用すると、データの一部のみを調べてデータ全体の様子を知る「統計的推測」を行うこ...

統計調査について調査によるデータの収集は、統計的処理によるデータ解析の出発点です。ここが正確でないと後の処理はまったく無...

統計学における調査対象について調査をするときは、当然「調べたい集団」を想定しています。ところが、調査した対象が、想定して...

数字から受ける印象の統計学数字自体には、その値以上の意味はありませんが、人間では自分の常識や感覚と比較することによって、...

統計量を正しく理解しているか統計量とは、調査したデータに対して何かの計算をして、データを要約したものです。私たちに一番な...

統計学におけるデータの分布と可視化統計調査によって集められるデータは、質的データと量的データに大きく分けられます。大雑把...

統計学における層別と相関国民所得と酒の消費量の間には正の相関がある。だから、国民が酒をたくさん飲めば所得が増える。という...

データから予測する統計学回帰分析は、2つ以上の変量の組で表されるデータがあるとき、ある変量と他の変量との関係を求める方法...

統計学における降水確率の意味統計的推測を理解するためには、確率の知識が必要です。降水確率という言葉が、いまでは天気予報で...

統計学における確率の意味仮に、あるくじの当たり確率がわかったとしても、次にくじを1回引くとき、当たりが出るかどうかは何と...

統計学における条件付き確率と独立統計学では「独立」という言葉がよく出てきます。独立とは、簡単にいえば、2つのランダム現象...

統計的推測の手がかりすべてのデータを調べることが難しいとき、その一部のデータを調べて、その結果から度数分布を推測したり、...

労働力と失業率の統計学2001年の事業所・企業統計調査によると、わが国の公務を除く6,304,431事業所の従業者は58...

賃金と労働時間の統計学厚生労働省が実施している「毎月勤労統計調査」は、農林漁業などを除いた産業に属する事業所を対象として...

価格指数の統計学異なった時点間または地域間における価格水準を比較する場合には、指数が広く利用されています。一般に、多数の...

数量指数の統計学鉱工業生産指数などの数量指数も、その基本的な考え方は価格指数と大きく変わりません。ここでは製造業の生産量...

統計学における価格指数と品質変化電気製品を中心として、最近は品質改良の速度が速まってきています。カラーテレビやパーソナル...

消費者物価指数の統計学総務省統計局が毎月公表している消費者物価指数(Consumer Price Index, CPI)...

企業物価指数の統計学企業間で取引される商品・サービスの取引価格を表す指数が、日本銀行の作成する企業物価指数(CGPI)お...

その他の価格指数の統計学一般的な価格水準を表す指数としては別項目のCPI、CGPI(WPI)、CSPIの他にもいくつか重...

経済の時系列データと季節調整の統計学時系列データとは、価格や生産の水準など、時間の順序に従って与えられたデータを指します...

統計学における景気を見る指標一般にDI(ディフュージョン・インデックス)と呼ばれる指標は景気の浸透(Diffusion)...

統計学における国民経済計算GDP(国内総生産)など、一国経済の全体像を記述するための国際的基準はSNA(System o...

産業連関表と産業連関分析の統計学国民経済計算によって一国全体の経済動向を把握することができますが、産業連関表を用いるとさ...

官庁統計政府の統計機関が作成する統計を「官庁統計」と呼びます。英語の表現ではofficial statistics、つま...

企業の活動の統計学金額情報を調査している企業統計として包括的で歴史のあるものが、株式会社、有限会社などを対象として財務省...

統計学における信頼性工学図に過去20年間における乗用車100台あたりの新規発売後3年間の故障件数を米国製、欧州製、日本製...

統計学における古典的テスト理論基本的な考え方私たちはさまざまなテストを受けていますが、そもそもどのようなテストが誤差の少...

統計学におけるS-P表と注意係数生徒×項目のパターン学力テストを実施した場合、テストを受けた生徒は何点とれたとか、何番だ...

統計学における合否決定の方式大学入試や入学試験での合否決定は、科目Aと科目B、1次試験と2次試験、あるいは筆記試験と面接...

統計の倫理誤解を利用医療の倫理、企業の倫理といいますが、統計にも、統計の名のもとにやっていいこととしてはならないことの一...

アウトカムの統計学アウトカムを測定し、それらを医療行為と結びつけることは、エビデンスに基づく実践を開発し、質の高い改善努...

統計学におけるEBN看護の科学的立証医療の領域でEvidence-Based Medicineの重要性が強調されるように...

EBNにおけるエビデンスの活用の統計学EBNを進めていくためには、臨床現場で個々の看護職が、ケアのレベルアップを目指して...

統計学におけるアンケート調査の科学的根拠出産をすると歯が悪くなるという見出しを見ると、この記事の結論は因果関係かなと思わ...

人口動態統計の読み方「肺動脈に血栓」突然死2.8倍と報告されました。この記事のソースは厚生労働省による人口動態統計ですか...

統計学における肥満と所得の関係肥満の女性は低所得であるという内容の記事が、英国の雑誌「エコノミスト」に掲載されました。研...

国民栄養調査の統計学図を見ると、男性では、1979年に比べ、1998年では、すべての年代において肥満が進行していることが...

統計学における効果の根拠トムヤンクンは、タイに行けば真っ先に食べる名物料理だと思います。ちなみに、世界三大スープはブイヤ...

統計学では絶対値でなく2乗する偏差・偏差平方和・分散データのばらつきを端的に表現したものが偏差です。偏差は、各データの値...

統計学におけるギリシャ文字統計学では、μやσといったギリシャ文字が頻繁に登場します。また、数学でも、円周率を表すπや合計...

統計学において相関関係は因果関係とは異なる相関関係は因果関係とは異なります。「国民所得と酒の消費量の間には正の相関がある...

データに対する直感の統計学現実の実務におけるデータ解析では、パソコンと統計ソフトウェアを使って計算するのが普通です。とく...

統計学における標本という言葉ふつう、日本語で「標本」というと、植物や昆虫の標本のように、標本となっている植物や昆虫の1つ...

統計学における信頼という言葉統計学では独特の用語がたくさんありますが、この「信頼」という言葉はその言葉の意味をよく表して...

統計学におけるスチューデントのt分布t統計量母集団分布が母平均μ、母分散σ2の正規分布であり、そこからサイズnの標本をと...

日常生活における仮説検定の統計学当たらないくじ引きしばらく前に、露店で玩具などが当たるくじ引きを営業していた業者が、「当...

ベイズという人は統計学者ベイズの定理やベイズ意思決定、ベイズ統計学などの言葉が流行っています。このベイズというのは、トー...

裁判の判断に利用される統計学公開裁判では、原告の現在の健康被害についての被告の要因の相対危険(またはそれを近似するオッズ...

疫学における因果関係の研究の統計学不法行為に対する損害賠償を求める裁判では、原告の被害が、被告のせいかどうか、すなわち因...

リスクを測って行動を決める統計学統計的意思決定朝、家を出るときに、傘を持っていくかどうかを考えることがあると思います。今...

統計学におけるベイズ意思決定法危険関数危険関数は以下のように計算します。行動の決め方として、@ウイルスがあると推測 ⇒ ...

損失の期待値を最小にする統計学損失の期待値を最小にする行動の決め方を選ぶというのは、本当によい方法なのでしょうか。損失の...

統計学における先物取引先物取引とは、農作物などの価格が変動する商品について、いま決めた価格で、将来の時点で取引することを...

統計学におけるリスクと期待値の交換生命表と関係の深い保険のしくみを考えます。生命表と直接関連しているのは生命保険ですが、...

統計学では何を学ぶか私たちはみな、ますますデータに支配されるようになった世界に生きています。データの分析が教育機関やフォ...

統計学はどのようにして始まったか統計学の研究は、データの収集と分析にとどまりません。すなわち、情報を集めて重要な決定を行...

記述統計はどのように使われるか記述統計は、データあるいは分布の特徴をまとめ、記述するために使われます。記述統計は、データ...

推測統計はどのように使われるか推測統計を使うことで、小さなグループ(しばしば標本と呼ばれる)での結果から、より大きなグル...

なぜ統計学の授業を受けるべきなのかこの答えは、最も明らかな理由、すなわち統計学の授業をとることが卒業の要件を満たすために...

統計ソフトの使い方多くの統計解析ソフトウェアパッケージが利用できます。無料のものも、シェアウェア(多くのソフトウェアに価...

統計学における中心傾向の測度とは最頻値、中央値、平均値といった中心傾向の測度は、データの特徴を表現するために使われる記述...

統計学における中心傾向の測度の使い方代表値はしばしば、男性、女性の平均身長のような、得点に含まれるある1つの特徴のための...

国民生活基礎調査の統計学高齢者と息子・娘の同居率は50.3%といわれています。ソースは厚生労働省の国民生活基礎調査です。...

統計学における平均値の計算法平均値とは何でしょうか。どのように計算するのでしょうか。平均値は、中心傾向の測度として最もよ...

統計学における平均値の使用例今後50年にわたって、アメリカは少数派が多数派となる社会になっていき、そこでは、最も人数の多...

統計学における中央値の計算法中央値は、中心傾向のもう一つの測度で、代表値の一種です。中央値は、それよりも大きなケースが5...

統計学における中心傾向の測度の決め方中心傾向のどの測度を用いるべきかは、基本的に、検討しようとしているデータの種類に依存...

統計学における変動の測度範囲、標準偏差、そして分散といった変動の測度は、データの特徴を十分に表現するために必要となります...

統計学における変動の使用例概念としての変動は、人間行動に生起する個人間および個人内の変化について洞察を与えるので、魅力的...

統計学における範囲とは範囲は、変動に関する最も粗い測度であり、データにおいて最大値から最小値を引くことによって計算されま...

統計学における標準偏差の計算方法標準偏差は小文字のsで表されます。標準偏差は、データにおけるそれぞれの得点が、そのデータ...

統計学で標準偏差の計算に自由度を用いる理由標準偏差とは、データにおいて、ある中心点からの各得点の平均的距離です。そして、...

実験研究の統計学6000人が3ヶ月間強羅(ごうら)温泉に入り、その効果を見る実験というのが過去にありました。6000人を...

動物実験におけるサンプルサイズの統計学「エフリン」というたんぱく質の増毛効果が、マウスを使った実験で証明されました。生ま...

因子分析の統計学因子分析は、互いに関連している項目(相関を持つ項目同士)が、どのようにまとまりを形成するかということに基...

繰り返しのある分散分析の統計学繰り返しのある分散分析は、2つ以上の群の平均値の差の検定を行うという点では、他のいずれの分...

多変量分散分析(MANOVA)の統計学分散分析(ANOVA)には異なる方法がたくさんあると知っても、驚くことではありませ...

統計学における関係の有意性検定変数間の関連については、t検定を用いて有意性の検定がなされます。統計量に関するどんな有意性...

ノンパラメトリック検定の統計学検定には、パラメトリック検定、比較的大きな標本に基づいた検定とは別に、ノンパラメトリック検...

単回帰分析の統計学回帰分析は、ある1つの変数が別の1つの変数を、あるいは重回帰の場合は2つ以上の変数がある特定の変数を、...

共分散分析の統計学共分散分析(ANCOVA)が特に興味深いのは、基本的に群間にもともと存在している差異を等しくすることが...

重回帰分析の統計学回帰分析は、1つの変数の値から別の変数の値を予測するための手法です。しばしば、社会科学や行動科学の研究...

効果量の統計学統計的な有意性と分析結果の有意味性との間には重要な違いがあります。しかし、もう1つ、統計的結果の価値を判断...

統計学における測定についての理解の重要性測定の学習への入門となる重要なアイデアについて知れば、研究で集めた、あるいは集め...

統計学における尺度水準尺度水準は、測定結果が評価される水準のことです。名義尺度、順序尺度、間隔尺度、そして比尺度の4つの...

統計学における信頼性信頼性とは、測定の結果が一貫しているかという、測定道具の品質のことで、様々な種類があります。信頼性は...

統計学における信頼性の種類4つの種類の信頼性があります。それぞれ特定の目的を持っており、多くの場合、信頼性の数値的な指標...

テストの信頼性の統計学信頼性の式は次のように表すことができます。信頼性=真の得点の分散/(真の得点の分散+誤差得点の分散...

統計学における妥当性妥当性は、行動を測定するいかなるテスト、尺度、あるいは道具にとっても最も重要な、信頼性に続く2つめの...

統計学における妥当性の種類妥当性には3つの種類があり、それらはいずれも、さまざまな種類の測定道具について、測定するべきも...

統計学における妥当性を高める方法テストの信頼性を高める方法は、かなり明快です。つまり、特性による誤差や方法による誤差を減...

統計学における信頼性と妥当性の関係もうおわかりのように、信頼性はテストの一貫性と安定性に関する品質のことです。もし、テス...

統計学における仮説仮説とは根拠のある(信頼に基づく)推測です。それは科学的プロセスにおいて非常に重要ですが、一部分を占め...

統計学におけるよい仮説の性質よく練られた綿密な仮説は、研究にかけた手間暇がうまく実を結ぶか否かを大きく左右します。これは...

統計学における標本と母集団推測統計学が果たしている主要な機能の1つは、標本(サンプル)を用いて仮説を検定し、その標本から...

統計学における帰無仮説帰無仮説(null hypothesis)は、無に帰するべき仮説です。英語のnullは「ない」「空...

統計学における対立仮説帰無仮説は同等性、すなわち変数間に全く関係がないという出発点を述べたものです。これとは対照的に、対...

統計学における帰無仮説と対立仮説の違い帰無仮説と対立仮説は、いくつかの非常に重要な点で異なっています。第1に、帰無仮説も...

統計学における確率の重要性統計学の学習において学ぶことのほとんどは、正規曲線(ベル曲線)に関係しています。この正規曲線を...

統計学における正規曲線(ベル曲線)とは正規曲線(ベル曲線)は、非常に特別なお3つの性質をもつデータの分布を視覚的に表現し...

統計学における歪みと尖りとはデータの分布すべてが、完全に正規分布となるわけではありません。実際、正規型に近いデータは多い...

統計学の大定理:中心極限定理記述統計および推測統計を支える基本的概念の多くは、正規曲線(ベル曲線)の形と性質に基礎をおい...

統計学におけるZ得点とは世の中にはさまざまな異なった研究があるので、ある特定の変数について異なった分布から得られた結果を...

統計学におけるZ得点と正規曲線との関係正規曲線は、平均値、中央値、最頻値がいずれも等しく、左右対称であり、分布の裾は決し...

統計学におけるZ得点と仮説検定との関係推測統計が強力な道具である最も重要な理由は、母集団から抽出された代表的な標本を用い...

統計学における多変量解析の概念多変量解析の厳密な定義を与えるのは不可能です。なぜなら、多変量解析という言葉は皆が同意した...

統計学における測定尺度行動科学のほとんどの研究は、数字という形でデータを集めています。ふつう、実際の数字に興味があるので...

測定尺度と統計分析の関係測定は統計的分析で使われる数字を算出することです。統計的分析は、測定と直接的につながっています。...

統計学におけるパス解析パス解析は、研究者が変数群の中の予測される関係について、はっきりとした因果モデルを仮定しているとき...

統計学における因子分析因子分析は主成分分析と同様に、次元縮約の技術です。連続変数のセットが得られたら(たとえば質問紙の項...

統計学における多次元尺度構成法カテゴリーとしての数字の類似性に基づくパターンを理解したいのであれば、多次元尺度構成法(M...

統計学におけるクロス集計表分析クロス集計表は、分割表ともよばれ、それぞれの表のセルには度数が入っています。その度数は、あ...

統計学におけるロジスティック回帰分析の考え方ロジスティック回帰分析は、独立変数が質的(性別など)あるいは量的(テストの点...

統計学における多変量分散分析(MANOVA)MANOVAは1つ以上のカテゴリカルな独立変数と、2つ以上の連続した従属変数...

統計学における判別分析判別分析では、従属変数はカテゴリカルで、独立変数は連続量です。記述的判別分析のそもそもの目的は、被...

統計学における重回帰分析と相関分析行動科学や社会科学のどの領域でも、重回帰分析と相関分析(MRC:Multiple Re...

統計学におけるMRCの予測への応用重回帰分析と相関分析すなわちMRCを実践的な予測目的で使うのは、最も一般的には教育とか...

統計の語源について統計ないしは統計学という用語が、いつごろ、どこで使われ出したかご存知でしょうか。実はこの謎については、...

統計的方法はどんなときに役立つか一般の人々でも、日常、知らないうちに統計的なものの見方なり考え方なりをしています。恋人と...

ガウスと統計学における誤差分布ドイツが生んだ大数学者、C.F.ガウス(1777-1855)は、観測誤差論の定礎者としても...

ゴールトンと相関・回帰の統計学相関・回帰の方法を開発したF.ゴールトン(1822-1911)は、むしろ優生学の創始者とし...

林知己夫とデータの統計学数量化の方法の開拓者として著名な統計学者、林知己夫(1918-2002)は、社会調査におけるサン...

フィッシャーと実験計画法の統計学統計的推測の基礎を確立したR.A.フィッシャー(1890-1962)は、数理統計学の歴史...

統計学と社会調査士制度現在、変動の激しい、多極化・複雑化の進む社会的現実を捉え、また生起するさまざまな社会問題への対応と...

専門家のもつ統計学の知識こんなクイズが昔ありました。スズメが10羽、木にとまっています。そのうち、3羽撃ち落としたら、木...

専門知識の使い道と統計学テキスト的知識はどのように役立つかある人が統計学や心理学の簡単な知識を習得し、身につけたいとしま...

統計学的な共通体験個々人の経験ではなくて、ある社会集団の共通体験は、長いあいだに、ことわざのような形に変化します。おおげ...

統計学的意思決定に役立つ情報処理あるメーカーの販売部門に勤めていると、統計学的な情報処理がどのように役立っているかがよく...

情報とデータと統計学情報とはなにか、この言葉を定義することはさておいて、仮に情報を便宜的に、個々の対象者から得られるデー...

統計学における異なるデータ形式間の変換データ形式というのは、一度決まると動かせないものではなく、場合によっては、ある型の...

統計学における間隔尺度の取り扱い上の注意以下に、100人に商品デザインを評価してもらった結果があります。カテゴリー   ...

予期しない度数分布の統計学聴衆の年齢層ある作家が、地方都市の講演を依頼されました。彼は主催者に「聴衆の年齢層は、どのへん...

統計学における度数分布の作り方対象者をいくつかの異なるカテゴリーにくくって、それぞれに含まれる人数を足しあげます。その人...

統計学における度数分布のクラス幅数量データの場合には、度数分布のクラス幅のとり方が重要になります。クラス幅を等しくする度...

統計学におけるいろいろな度数分布の型いろいろな度数分布型もとの個別データの種類によって、度数分布にはいろいろな型がありま...

統計学における度数分布がもつ情報年齢の合計がもつ情報ここに、かなり年齢の開きのありそうな2人の女性がいます。開きのありそ...

統計学における平均値の例3人はどこに集まるか東京都の地図を広げると、左上のほうに伸びる、西武池袋線という私鉄の線がありま...

統計学における平均値の計算式平均値を数式で表す平均値とは、これは誰でも知っているように、すべての個別データを足しあげて、...

統計学における平均値と度数分布左右対称分布と平均値左右対称の山型分布では、山のもっとも高いところの真下に平均値がきます。...

統計学における平均値の重心としての性格では、ふつうもっともありふれた非対称型の場合、平均値は最頻値からどれくらいずれるで...

統計学における特性値としての平均値平均値の比較の前提もし2つの会社の平均給与がわかったとしたら、若い就職希望者は、それの...

統計学における中央値の性質列の真ん中の生徒中央値は、中位数またはメディアン(median)とも呼ばれます。いくつかのデー...

統計学における最頻値・中央値・平均値の関係最頻値と平均値の間に中央値がくる度数分布が対称型に近ければ、平均値と中央値はほ...

統計学における平均値による総量の推計平均値から市場規模がわかる非対称分布にしばられている平均値には、最頻値や中央値のよう...

統計学における加重平均加重平均の求め方複数のデータの平均値を求めるときに、個々のデータにそれぞれウエイト(重み)をつけて...

統計学におけるバラツキ人生いたるところにバラツキあり体型が同じだと、混んでいる電車に乗っているとき、肩と肩、尻と尻がぶつ...

統計学におけるレンジと四分位数わかりやすいレンジいくつかの個別データがあるとき、その値がどの程度バラついているかを示した...

統計学における分散と標準偏差常識的な発想四分位数でバラツキを表すことにすると、外側の4分の1ずつのデータのバラツキはどう...

統計学における変動係数もし給料前の財布に千円札1枚しかないとしたら、100円の物を買うのもためらわれます。しかし財布に1...

統計学における標準偏差の具体的意味レンジと標準偏差との関係標準偏差は、もとのデータのバラツキの度合いの何を、どのように表...

統計学における正規分布の発見ガウス分布の発見天文学者であり、数学者であったガウス(1777-1855)は、彼の天体観測の...

統計学における正規分布の性質正規分布も、ある度数分布の究極の形とみなすことができます。したがって、ふつうの度数分布と同様...

統計学における複数の変数の扱い数値で表すしあわせ度以前に招かれた結婚披露宴で、こんな祝辞がありました。「夫婦というのは数...

統計学における共分散偏差の相乗和いま変数XとYがあるとします。データとしては、身長と体重、世帯員数と商品の購入量など、要...

統計学における相関係数相関関係と比例関係変数XとYの関係ですが、相関関係と比例関係のそれぞれは、@相関関係: 一方が増え...

統計学における相関係数の求め方相関関係の強さを表すのに、相関係数(correlation coefficient)を用い...

統計学における相関関係と因果関係因果関係の各種ケース相関関係をみることで、変数Xと変数Yの因果関係について、どんなことに...

統計学における相関についての問題相関については誤りやすいいくつかの問題があるので、そのうちのいくつかをあげて説明しましょ...

統計学における分散の加法則2つの変数の和の分散変数XとYがあったとき、(X+Y)という新しい変数を作る。この新しい変数の...

統計学における身長と遺伝巨人と小人父親の身長がその息子の身長にどのように遺伝するのでしょうか。もちろん、成人したときの息...

統計学における回帰の定式化父子の身長のグラフいま、たくさんの父親と息子について、その身長を点グラフに表してみます。図のグ...

統計学における回帰直線の数式化この回帰直線を数式で表すことを試みましょう。ここで、高校で習った数学の、横軸Xと縦軸Yのグ...

統計学における変数間の因果関係因果関係が前提相関関係の分析の直接の目的は、2つの変数の間の増減傾向が同一方向か反対方向か...

統計学における説明・推測・予測2つの変数のどちらを縦、どちらを横とするか、それがはっきりした後、回帰分析を行うことによっ...

統計学における数学的モデル実測値と計算値の違い回帰式yの値は、a+bxで計算した回帰直線上の値を示します。実際のyの値に...

統計学における回帰分析の拡張回帰分析の拡張商品購入量を世帯員数と主婦年齢の2つの変数で説明する場合を考えてみましょう。モ...

統計学における比率の話比率に関する3つの例題以下の3つの例題について考えてみましょう。@老人の死亡の性別構成比をみると、...

統計表の作成縦横のカテゴリー組み合わせふつうの統計表は、おおもとは個別データで、それをまとめて統計表に仕上げます。したが...

統計学における比率の分母と分子比率の分母と分子比率(ratio, proportion)とは、2つのデータがあって、その...

統計学におけるアンケート調査統計学におけるアンケート調査とは、共通のアンケート票を用いて、多数の人に回答を求めた結果を、...

訪問面接調査の統計学訪問面接調査の統計学訪問面接調査とは、調査員が対象者宅を訪問し、対象者本人に質問してその場で回答を得...

訪問留め置き調査の統計学訪問留め置き調査の統計学訪問留め置き調査とは、調査員が対象者宅を訪問し、調査への協力を依頼してア...

郵送調査の統計学郵送調査の統計学郵送調査は、アンケート票の送付や回収などを郵便などで行う調査方法です。郵送調査は、対象者...

来場者調査の統計学来場者調査の統計学来場者調査は、通行人や施設への来場者に、その場で短時間の面接調査などを行う調査です。...

会場アンケート調査の統計学会場アンケート調査の統計学会場アンケート調査とは、通行人や施設への来場者などに協力を依頼し、調...

電話調査の統計学電話調査の統計学電話調査は、世論調査などでよく行われている調査であり、調査員が対象者に電話で質問し、回答...

インターネットアンケート調査調査の統計学インターネットアンケート調査調査の統計学インターネットアンケート調査とは、インタ...

その他の調査手法の統計学その他の調査手法の統計学旧世代IT機器を活用するFAX調査、携帯電話モニター調査。最新の脳科学マ...

統計学におけるアンケート調査の活路と末路統計学におけるアンケート調査の活路と末路アンケート調査はさまざまな用途、場面で応...

ノンパラメトリック法の統計学ノンパラメトリック法ノンパラメトリック法(distribution-free methods...