Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

統計学における比率の話【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

統計学における比率の話【統計解析講義基礎】

統計学における比率の話【統計解析講義基礎】


統計学における比率の話【統計解析講義基礎】

比率に関する3つの例題

 

以下の3つの例題について考えてみましょう。

 

@老人の死亡の性別構成比をみると、男性よりも女性のほうが大きい。たとえば図のようになる。女性は歳をとってからとくに健康に気をつけなければならない。

 

A死亡者の年齢別構成比をみると、図のように70歳を境にして半々である。私たちの半数は70歳までしか生きられない。

 

Bドライバーの性別事故率は、図のように女性より男性のほうが高い。女性は運転が慎重なために事故をあまり起こさないからである。

 

統計学における比率の話【統計解析講義基礎】

 

この3つの文章はいずれも比率に関連したものです。

 

それぞれの文章に誤りがあれば指摘してみましょう。

 

回答コメント

 

@長寿国日本ではとくに女性のほうが長生きであることを私たちは知っています。歳をとってから女性のほうが健康に注意せよというのは、明らかに誤りです。

 

女性がたくさん生き残っているからこそ、死亡者も多く、したがってその構成比も大きくなるのです。とくに高年齢層になると、男性は、女性ほど多くは生き残っていないのです。

 

A現在70歳以上の人たちは、戦前の人口の少なかった時代に生まれた人たちであり、また今より短命だったので、現在人口はそう多くはありません。

 

今後の70歳以上人口はずっと多くなりますし、したがって死亡者の年齢構成もそちらに傾くはずです。
これからは70歳になっても半数どころではなく生き残るから安心しましょう。

 

B女性ドライバーは運転が慎重だからという理由よりも、男性に比べて走行距離が短い、という理由のほうがずっと大きいでしょう。

 

通勤する夫の朝晩の送り迎えだけでは、そう簡単に死んでいられません。慎重かどうかは走行距離当たりの事故率を比べてみての話です。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

統計学における比率の話【統計解析講義基礎】

統計学における比率の話【統計解析講義基礎】

統計学における比率の話【統計解析講義基礎】