Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

統計学的な共通体験【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

統計学的な共通体験【統計解析講義基礎】

統計学的な共通体験【統計解析講義基礎】


統計学的な共通体験【統計解析講義基礎】

 

個々人の経験ではなくて、ある社会集団の共通体験は、長いあいだに、ことわざのような形に変化します。

 

おおげさにいえば人類の遺産ともいえるでしょう。例えば次のような例があります。

 

度数分布の事例

 

二度あることは三度ある、ということわざがあります。

 

歳末の福引きで特賞当たったと思ったら、二浪のわが息子が合格して、そしてお父さんが部長昇格でしょ、というときに使います。

 

あいつ二度もヘマをやって、見てろよ、またやるぞ、こんな悪い事例にも使いそうです。

 

これらのことわざは、度数分布の領域に踏み込んでいるのかもしれません。

 

めったに起こらないことの確率

 

噂をすればカゲとやら、というのはどうでしょう。

 

居酒屋で上司を皆でこきおろしているときに、なんと当人がのれんをかきわけて入ってきた、あるいは入ってきそうな不安にかられたときに使います。

 

統計的にはめったに起こらないと思われることが、案外高い確率で生起するということで、ことわざとしての価値があるのでしょう。

 

統計的な見方は一つの常識である

 

いうなれば、一般の人にとって統計的な見方、考え方は、あえて学ばなくても得られる一つの常識に近いものなのです。

 

日々の判断なり行動なりにおいて、ことあらためてその必要性を云々するまでもないことでしょう。

 

「ある集団での統計的な共通体験が、ことわざを形成した」という説には異論も多いのですが、例えば以下のような例があります。

 

@君子危うきに近寄らず、虎穴に入らずんば虎児を得ず、のように相反することわざについては、統計的に異なる結果が出るのはおかしい

 

A噂をすればカゲとやら、ということわざは、偶然起きたというインパクトで記憶され、形成されたのであって、起きなかったことは無視されてしまうので、経験データとしての客観性がない

 

B根拠の弱いことわざでも、それに当てはまる事例だけが意図的に取り上げられ、それによってことわざが強化される

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

統計学的な共通体験【統計解析講義基礎】

統計学的な共通体験【統計解析講義基礎】

統計学的な共通体験【統計解析講義基礎】