Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

統計学におけるQC七つ道具【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

統計学におけるQC七つ道具【統計解析講義基礎】

統計学におけるQC七つ道具【統計解析講義基礎】


統計学におけるQC七つ道具【統計解析講義基礎】

 

武士の七つ道具(兜、母衣、弓、矢、刀、太刀、具足)は戦国時代に重要でした。

 

QC七つ道具は難しい数式を使わない品質向上に欠かせない手法であり、以下の順序で用いることにより、多くの品質問題の解決が可能となります。

 

チェックシート:目的に応じたデータを容易にとる

 

データをとる前に、何のためのデータか、どのようなことを把握するためのデータかを明確にし、記録用のフォーマットを事前に作成します。

 

目的を効率よく達成するためのデータを、容易に、抜け落ちがないように獲得できます。

 

これをチェックシートといいます。

 

また、一定の項目の点検や確認を漏れのないように行うための点検・確認用のシートをチェックリストといいます。

 

ヒストグラム:問題のありか・パターンを探る

 

特性値にはばらつきがありますが、でたらめな出方をするのではなく、一定のルールに基づくものです。区画分けされた各区間に入ったデータの数を度数としてグラフ化したものをヒストグラムといいます。

 

問題のありかを特定するのに優れた手法です。

 

私たちはデータを同じ分布から抽出された前提でまとめがちですが、一般の工程ではそれ程安定したものではなく、日時や勤務シフト、使用材料ロットの変更など多くの主要要因の変更に伴い分布が変化します。

 

したがって、ヒストグラムを描く前にまず推移図に表し、時間的な傾向や変化の存在および層別の必要性などを検討することが重要です。

 

パレート図:問題を絞り込む

 

不良などの問題について、どのような問題が、どのような場所に、どのような場合に、どのくらい発生するのかというデータを、頻度、件数、量などの多い順に示した棒グラフをパレート図といいます。

 

どこに問題の悪さが集中しているのかをとらえ、そこを重点的に改善するように問題を絞り込むために用いるグラフです。

 

どの項目も似たような度数がある場合には、他の観点から項目の分け方を工夫し、差が多くでるように工夫することがポイントです。

 

特性要因図:もれなく要因を列挙する

 

問題解決においては、問題の発生要因を追及し、原因に対するアクションを取ることが再発防止の意味で重要です。

 

結果として発生している「特性」に対して、その原因として考えられる「要因」をまとめたものを特性要因図といいます。

 

これを出発点として、原因の調査が始まります。

 

個々の人が持っているノウハウはそれほどなくとも、多くの人の参画により問題の要因はほとんどの場合、ピックアップしうるため、要因の整理の道具として用いられます。

 

また、問題の共有化ができるという大きなメリットもあります。

 

あげられた要因の中から5個前後に絞込み、「層別」と「散布図」にて検証します。

 

層別:真の要因か否かを調べる(質的要因)

 

特性要因図にあげられた要因のうち、どれが真の原因であるのかは、要因によってデータを分けるすなわち「層別」して、層間に差があるかどうかで調べることができます。
すなわち、分けることにより真の要因が分かるのです。

 

また、客観的な判断は、統計的検定や推定によって行うことができますが、ヒストグラムや散布図などの上で層別すれば、層間の差異は把握しやすくなります。

 

散布図:真の要因か否かを調べる(量的要因)

 

特性とその要因と考えられるものがともに数量で計られるならば、両者を対応させたデータを取り、これを二次元のグラフに表し、両者の関連の強さを見ればよいことになります。

 

これを散布図といいます。

 

これにより、要因の水準の変化とともに、特性がどのように変化するかがわかります。

 

グラフ・管理図:真の要因への対策後、改訂された標準の遵守度をみる

 

特性の大小の比較を行うには棒グラフ、時間的推移をみるには折れ線グラフ、項目の比率をみるには、帯グラフや円グラフが用いられます。

 

これにより、現況が客観化されます。

 

特性の動きが単なるばらつきなのか、それとも異常値なのかを区別するための判定基準を入れた折れ線グラフを管理図といい、現状の維持や工程の管理に用いられます。

 

真の要因が見つかり、これに対策を施して改訂された標準作業が遵守されているかを、管理図でみることができます。

 

以上のステップにより、問題解決とそれに基づく標準への再発防止がなされ、その後の標準の遵守により良い品質を達成することができます。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

統計学におけるQC七つ道具【統計解析講義基礎】

統計学におけるQC七つ道具【統計解析講義基礎】

統計学におけるQC七つ道具【統計解析講義基礎】