統計学基礎入門セミナー

統計学セミナー

統計学の昔と今

 

昔は統計学というと、専門家でないと理解できないような学問領域と考えられていました。

 

特に多変量解析などの複雑な統計解析は、1980年代までは専門家が大型計算機でないと計算できないような時代でした。

 

また、今日のように統計学をわかりやすく解説する本はほとんどなく、多くは複雑な数式を散りばめた難解な数理統計学の教科書でした。

 

時代はかわり、高性能のコンピューターが卓上で使えるようになりました。30年前に大型計算機で半日かかっていた計算が、インテルの高性能CPUでは、ものの数秒で計算してしまうのです。

 

統計学の昔と今

 

さらにユーザーフレンドリーな統計ソフトも登場してきました。SPSS、JMPなど、マウスを使ってサクサクと誰でも統計解析が出来るようになりました。

 

簡単なものだけでなく、複雑な多変量解析など簡単に解析できるようになりました。

 

また、誰でも無料で使えるソフトとしてRの登場の大きなインパクトがありました。

 

Rのすごいところは、無料であるというだけでなく、膨大な数の解析パッケージがあり、かなり高度な解析もうまくパッケージを選べば簡単に出来てしまうのです。

 

統計学のインフラストラクチャーは今日ではかなり整備され、データを解析し、学会発表や論文発表をしたりすることは昔に比べ比較にならないくらい容易になりました。

 

さらに、統計学のわかりやすい教科書も書店の書棚に並ぶようになり、自己学習も昔に比べ簡単に出来るようになりました。

 

インターネットの進歩により、ちょっとした検索で、即時に統計学の知識を入手することができるようになりました。

 

インフラが整備されたこと自体は良いことなのですが、これにより論文の付加価値も上がりました。

 

昔は稚拙な統計解析でも堂々と公表されていたのが、今日ではトップクラスの論文にはトップクラスの統計学者がレビューに加わり、稚拙な解析をしたら不採用とされるようになったのです。

 

そこでより洗練された解析を専用の統計解析ソフトを使って実行するのですが、肝心の解析の過程がブラックボックスなのです。

 

このブラックボクスの部分を統計解析ソフトは教えてくれません。仕方なく、得られた解析結果を十分に理解しないまま公表することになります。

 

表面上は論文のレベルは上がっているように見えても、書いた本人が十分理解出来ていないという不可解な現象が起こっています。

 

書いた本人がわからない論文を、読む立場の人が理解できるはずがありません。

 

ブラックボクスの中身を解説する、統計学の教育が今後ますます必要となるでしょう。

 

統計学セミナー

統計学の昔と今

統計学は、自己流の学習では効率悪く時間の無駄であるばかりか、間違った手法で学会発表や論文発表をしてしまうリスクがあります。本セミナー受講により、統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。