Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

統計学でよく使う円グラフ【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

統計学でよく使う円グラフ【統計解析講義基礎】

統計学でよく使う円グラフ【統計解析講義基礎】


統計学でよく使う円グラフ【統計解析講義基礎】

 

データを整理して平均を求めたり、表やグラフを作成して分析したりするのが「記述統計学」です。

 

データの裏に潜む本質を理解する上で、記述統計学は大変重要です。

 

さて、記述統計学でデータをグラフ化するときによく使われるのが円グラフです。

 

この円グラフを最初に考えたのは誰でしょう。

 

@フィッシャー

 

Aナイチンゲール

 

Bニュートン

 

Cパスカル

 

フィッシャーは現代統計学の父といわれ、実験計画法の礎を築いた人として有名です。

 

パスカルは数学者、哲学者であり確率論の創始者でもあります。

 

答えはフィッシャーかパスカルか、・・・・いや、事実は小説よりも奇なりの通り、答えはナイチンゲールです。

 

フローレンス・ナイチンゲール(英国:1820-1910)は「近代看護教育の生みの親」と呼ばれています。

 

一方、ナイチンゲールは統計学の専門家であったことは、日本ではあまり知られていません。

 

彼女は若い頃、「近代統計学の父」と言われたアドルフ・ケトレーを信奉し、数学や統計に強い興味を持ったと言われています。

 

イギリス政府によって看護師団のリーダーとしてクリミア戦争に派遣され、献身的に負傷兵の治療にあたるとともに、病院内の衛生状態を改善することで、傷病兵の死亡率を劇的に引き下げました。

 

そのクリミア戦争における死因分析で、ナイチンゲールが表現した方法が円グラフの最初といわれています。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

統計学でよく使う円グラフ【統計解析講義基礎】

統計学でよく使う円グラフ【統計解析講義基礎】

統計学でよく使う円グラフ【統計解析講義基礎】