Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

動物実験におけるサンプルサイズの統計学【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

動物実験におけるサンプルサイズの統計学【統計解析講義基礎】

動物実験におけるサンプルサイズの統計学【統計解析講義基礎】


動物実験におけるサンプルサイズの統計学【統計解析講義基礎】

 

「エフリン」というたんぱく質の増毛効果が、マウスを使った実験で証明されました。

 

生まれたばかりのマウスにエフリンを皮下注射したところ、毛根の数が6日目で1.4倍、12日目で1.3倍に増えたのです。
このことからどのようなデザインと考えられるでしょうか。

 

マウスは何匹かわかりませんが、それら対象すべてにエフリンを投与したようですので、同時対照群はないようです。

 

それでは何が対照群かと言いますと、エフリンを投与する前の毛根数と考えられます。

 

エフリンというたんぱく質を注射する前と比べて1.4倍毛根数が増えたというのは、統計学的に有意な結果だと思いますか。

 

40%増加です。

 

そう言うと、素晴らしい結果だと思うかもしれません。

 

しかし、40%増加という数値自体は意味があるように思いますが、果たして有意かといいますと、そこはサンプルサイズが関係してきます。

 

たとえば、10匹程度のサンプルサイズでは、とても有意を証明できないと思います。

 

最低100匹は必要でしょう。

 

ただ、もし10匹すべてにおいて意味のある毛根数の増加を示していれば、他のマウスにも増加するとほぼ間違いなく言えるとは思います。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

動物実験におけるサンプルサイズの統計学【統計解析講義基礎】

動物実験におけるサンプルサイズの統計学【統計解析講義基礎】

動物実験におけるサンプルサイズの統計学【統計解析講義基礎】