Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

繰り返しのある分散分析の統計学【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

繰り返しのある分散分析の統計学【統計解析講義基礎】

繰り返しのある分散分析の統計学【統計解析講義基礎】


繰り返しのある分散分析の統計学【統計解析講義基礎】

 

繰り返しのある分散分析は、2つ以上の群の平均値の差の検定を行うという点では、他のいずれの分散分析ともよく似ています。

 

繰り返しのある分散分析では、1つの要因について、参加者は2回以上測定されます。

 

つまり、同じ要因について、2時点以上の測定を繰り返すからです。

 

たとえば、もしあなたが同じ参加者群の体重を、1年にわたり毎週測定し、週ごとの差異をみたいとすると、繰り返しのある分散分析が適切な分析ツールといえるでしょう。

 

例をあげますと、鈴木君と同僚たちは、中学・高校時代の同性と異性の親友との交友関係について検討しました。

 

彼らの主要な分析の1つは、3要因の分散分析でした。

 

性別(男性、女性)、友人関係(同性、異性)、そして、学年(中学、高校)です。

 

繰り返しのある要因は学年でした。

 

なぜなら、同じ参加者について繰り返し測定されたからです。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

 

繰り返しのある分散分析の統計学【統計解析講義基礎】

繰り返しのある分散分析の統計学【統計解析講義基礎】

繰り返しのある分散分析の統計学【統計解析講義基礎】