Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

統計学における尺度水準【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

統計学における尺度水準【統計解析講義基礎】

統計学における尺度水準【統計解析講義基礎】


統計学における尺度水準【統計解析講義基礎】

 

尺度水準は、測定結果が評価される水準のことです。

 

名義尺度、順序尺度、間隔尺度、そして比尺度の4つの水準があります。

 

それぞれの尺度は各々特徴をもっています。

 

名義尺度は、測定される変数がカテゴリーであるという特徴をもちます。

 

たとえば支持政党(政党1、政党2、政党3)、髪の色(赤褐色、黒、ブロンド)、性別(男性、女性)といった変数は、すべてカテゴリー変数です。

 

これは最も粗い尺度水準です。

 

順序尺度は、順位によって特徴づけられます。

 

クラスにおける順位、レースの順位、最高から最低までの学業成績、これらは本質的に順序尺度です。

 

間隔尺度は、潜在的に等しい間隔をもつとみなせる連続体によって特徴づけられます。

 

スペリングのテスト得点(0点から10点)といった変数は、間隔尺度の変数です。

 

間隔尺度の重要な特徴は、変数が基づいている尺度の間隔が等しいということで、たとえば、テストの3点と4点の間の1点差と、7点と8点の間の1点差に同じ意味があるとみなせるということです。

 

最後に、比尺度は、絶対的な原点である0を持ちます。

 

0は測定されているものがない状態を表します。

 

物理学や生物学の領域では、このような変数は一般的です(光がない、絶対零度、新生児の年齢など)。

 

行動科学や社会科学の領域では一般的ではありません。

 

何らかの変数や構成概念(たとえば、知性や攻撃性など)が全く0ということはめったにありません。

 

以下は、尺度水準について覚えておくべき重要な事柄です。

 

@尺度水準は、どのように結果を分析するかを決めるのに役立つ。

 

A尺度水準は、最も水準の低い名義尺度から、最も水準の高い比尺度まで、順序性を持ちます。

 

B尺度水準が高いほど、より精密な測定が可能です。

 

ある水準の尺度は、それよりも下位の水準の尺度が持つ特徴を併せ持ちます。

 

たとえば、身長を測定するのに、AグループとBグループとして測定できます(名義尺度)し、背の高いグループ、より背の高いグループとして測定できます(順序尺度)し、平均身長130cmのグループAと平均身長150cmのグループBとして測定できます(間隔尺度)。

 

もし、あなたがグループAの身長の平均が130cmで、グループBの身長の平均が150cmだと知っているなら、すでにどちらのグループが高いか、そして互いに異なるカテゴリーであることも知っていることになります。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

統計学における尺度水準【統計解析講義基礎】

統計学における尺度水準【統計解析講義基礎】

統計学における尺度水準【統計解析講義基礎】