Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

統計学における変動係数【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

統計学における変動係数【統計解析講義基礎】

統計学における変動係数【統計解析講義基礎】


統計学における変動係数【統計解析講義基礎】

 

もし給料前の財布に千円札1枚しかないとしたら、100円の物を買うのもためらわれます。

 

しかし財布に1万円入っていれば、100円の物を買うくらいどうということはありません。

 

100円を1000円で割り算すれば10%ですが、1万円で割り算すると1%にすぎません。

 

つまりパーセントのほうが、感覚的に受け入れられやすいのです。

 

これと似たようなことですが、標準偏差が同じであっても、平均値の大きさが違うと、バラツキの大きさの感覚が違ってきます。

 

平均値が大きいと少しくらいのバラツキはあまり感じないですし、平均値が小さいとその反対に強く感じます。

 

そこで、平均値を標準偏差で割り算し、その値にバラツキの感覚を反映させるものとします。

 

この値を変動係数(coefficient of variation)と呼んで、記号CVで表します。

 

変動係数=標準偏差/平均値

 

CV=σ/m

 

普通はこの値に100を掛け算してパーセントで表します。

 

標準偏差は金額とか時間とかデータ単位がそのままつきますが、変動係数はすべてパーセントで済ませることができます。

 

繰り返しますが、平均値1000円に対して、標準偏差が100円である、というよりは、同じことを「変動係数が10%である」と表現したほうが、やはりバラツキの感じとしては受け入れやすい気がします。

 

なお、評価スコアのような間隔尺度では、平均スコアも間隔尺度になっているので、それで割り算することはできません。

 

したがって変動係数の計算をすることもできません。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

統計学における変動係数【統計解析講義基礎】

統計学における変動係数【統計解析講義基礎】

統計学における変動係数【統計解析講義基礎】