Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

統計学では何を学ぶか【統計解析講義基礎】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

統計学では何を学ぶか【統計解析講義基礎】

統計学では何を学ぶか【統計解析講義基礎】


統計学では何を学ぶか【統計解析講義基礎】

 

私たちはみな、ますますデータに支配されるようになった世界に生きています。

 

データの分析が教育機関やフォーチュン500の大企業にとっては重要なのと同じくらい、プロスポーツチームにとっても重要なものになろうとは、誰も想像しなかったでしょう。

 

しかし、実際そうなのです。

 

パターンを見つけたり、結果を予測したりするために統計学と向き合う機会が、ますます多くなっています。

 

統計学は、複雑な結果をよりよく理解したり決定を下したりするのに役立つ、ツールの集まりから成っています。

 

統計学とは、数量的な情報を記述し、統合し、分析し、解釈することです。

 

ここで情報というのは、ひとまとまりのテスト得点かもしれないし、特定のタイプの自動車に対する好みかもしれないし、あるいはバスケットボールチームが、相手チームからボールをカットしたあとで得点することがどれくらい多いかといったことかもしれません。

 

様々な統計ツールを使えるようになれば、これらの問いをはじめ、その他データの分析を扱う、ほとんどどんな問いにでも答えることができます。

 

統計学の学習が重要な理由

 

統計学の学習が重要な理由はいくつもあります。

 

統計学が最もよく用いられるのは、情報に基づいて決定する手助けをすることであり、その情報は統計学を使わなければ解釈がとても難しかったり、できなかったりします。

 

この有用性は、ごく単純な例を見るだけでもわかります。

 

たとえば、ある生徒の集団に対する個別のテスト得点より、生徒全体の平均点の方がより役に立つのではないでしょうか。

 

あるいか、受けたサービスについての感想を顧客集団に質問紙調査をしたとき、20項目の質問に一人ひとりの顧客がどう答えたかよりも、結果の平均点の方が役に立つのではないでしょうか。

 

この2つの例は、情報を集めて記述し、分析することができれば、よりよい決定ができるという事実を示しています。

 

証拠に基づいているからです。

 

では、まだ組織立てられていない情報の集まりが何を意味しているのかを探ることができるツールは何でしょう?

 

それが統計学なのです!

 

統計学は学者が行う研究、地方や国家の政策担当者が行う決定、そして、さらなる目標に向かって情報に基づいて行動しなければならないビジネスの日々の機能にとっても、計り知れない価値があります。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

統計学では何を学ぶか【統計解析講義基礎】

統計学では何を学ぶか【統計解析講義基礎】

統計学では何を学ぶか【統計解析講義基礎】