統計学基礎入門セミナー

統計学セミナー

金の価格の統計学

 

金の価格が急騰すれば、困るのはジュエリー業界。

 

金が高騰すれば、貴金属製品価格も上げざるを得ないです。

 

客離れを防ぐには価格を上げない工夫をしなくてはなりません。

 

その1つが製品の金含有量を下げること。

 

18金から6金にすれば、使う金量は3分の1で済みます。

 

24金が純金で、18金は4分の3、6金は4分の1の金含有量を意味します。

 

プラチナの場合、例えばpt900なら、プラチナ含有量90%を意味します。

 

ウォールストリートジャーナルによれば、アメリカでは金を合金や銀で、プラチナをパラジウムで代用する動きがあるようです。

 

ジュエリーをプラチナでデザインすれば9万ドル、金では4万ドル、パラジウムで1万6千ドル、銀では1250ドルかかるとされています。

 

統計学セミナー

金の価格の統計学

統計学は、自己流の学習では効率悪く時間の無駄であるばかりか、間違った手法で学会発表や論文発表をしてしまうリスクがあります。本セミナー受講により、統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。