統計学基礎入門セミナー

統計学セミナー

年俸調停の統計学

 

大リーグの年俸調停では、足して2で割ることはありません。

 

大リーガーが球団側から提示された来季年俸の妥協点が見つからない場合、調停は非常に厳しくなります。

 

両者が対立した場合、そして話し合いが膠着した場合、足して二で割るというようなことは一切ありません。

 

調停人は両者の言い分を聞いて、双方の数字の根拠を問いただし、いずれがより論理的かを考慮して、いずれかの言い分を認めます。

 

例えば、選手側300万ドル、球団側100万ドルの場合、真ん中の200万ドルで手を打つようなことはしません。

 

調停人はいずれかの数値を採用します。

 

調停人は年俸額に関して論理的に根拠のある説明を求めてきます。

 

いい加減な根拠なら負けてしまいます。

 

24時間以内に判決がくだされ、これが最終決定であって両者とも控訴することはできません。

 

統計学セミナー

年俸調停の統計学

統計学は、自己流の学習では効率悪く時間の無駄であるばかりか、間違った手法で学会発表や論文発表をしてしまうリスクがあります。本セミナー受講により、統計学の理論だけでなく実際の作業をどう進めるかなど、具体的な方法を伝授します。これにより、統計学の理解が倍増すること間違いなし!この機会にぜひご活用ください。