成約率の高い営業トークを分析する【ビジネス統計解析】

成約率の高い営業トークを分析する【ビジネス統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

セミナー詳細                    解析ご相談                    LINEでお友達

成約率の高い営業トークを分析する|【ビジネス統計学・統計解析】

成約率の高い営業トークを分析する【ビジネス統計解析】


目次  成約率の高い営業トークを分析する【ビジネス統計解析】

 

成約率の高い営業トークを分析する

 

自然言語処理で分析しよう

 

会話中の単語と成約率から割り出す

 

営業中の会話を記録しておき、会話の内容を分析することで、成約率の高い営業トークがわかります。

 

会話の内容は、自然言語処理(NLP)という方法で分析します。

 

まず自然言語処理によって、会話中にどのような単語が使われたかを表すデータを作成します。

 

そのデータを要因項目とし、成約したかどうかを表すターゲット項目と組み合わせてデータマートを作成します。

 

そのデータマートで分析することで、どのような会話をすると、成約につながりやすいのかがわかります。

 

ただ、自然言語解析は単語を抽出することは簡単ですが、それ以上の分析をするにはまだ技術が成熟していません。

 

単語の意味や、言葉遣いといったものを検出する分析は、まだ技術的に不完全な分野です。

 

単語の抽出は、mecabというオープンソース言語や、KHCoderというフリーソフトによって行うことができます。

 

KHCoderは、単語の抽出だけでなく、単語同士のつながりを図示することもできます。

 

 

成約率の高い営業トークを知る方法

 

@営業中の会話を記録する

 

A自然言語処理(NLP)という方法で分析し、会話中使われた単語を集計する

 

B会話中のデータ+営業結果(成約データ)⇒データマート

 

データマートを分析することにより、どのような会話をすると成約につながりやすいのか知ることができます。

 

注意点として、自然言語解析の単語を抽出する以上の分析は技術的に未成熟であること、単語の意味や言葉遣いといったものの検出・分析は不完全な分野であることは留意すべきである。

 

 

成約率の高い営業トークを分析する【ビジネス統計解析】


セミナー詳細                    解析ご相談                    LINEでお友達

 

 

成約率の高い営業トークを分析する【ビジネス統計解析】

成約率の高い営業トークを分析する【ビジネス統計解析】