Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

Pythonライブラリパッケージのインストール【Python・R・エクセル統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

Pythonライブラリパッケージのインストール【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonライブラリパッケージのインストール【Python・R・エクセル統計解析】


Pythonライブラリパッケージのインストール【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonライブラリパッケージのインストール

 

Pythonでは、いろいろな機能をライブラリパッケージから借りて実行することができます。

 

ライブラリパッケージには、Pythonのインストールと同時にインストールされるものと、別途個別にインストールする必要があるものがあります。

 

Pythonは多様な機能を持っていますが、それらのほとんどが個別にインストールするライブラリパッケージによって実現されています。

 

その都度必要に応じて個別にインストールします。

 

ただしインストールは簡単で、Pythonの外で(OSのコマンドプロンプトに対して)コマンドpipを使ってインストールできます。

 

  pip install <パッケージ名>

 

<パッケージ名>のところに、使いたいパッケージの名前を指定します。

 

例えばグラフを描くためのライブラリパッケージとして、matplotlibを使いますが、これは

 

  pip install matplotlib

 

とすればインストールできます。

 

pipの細かい使い方は、pipのドキュメントページ(https://pip.pypa.io/ から左側メニューでReference Guideをクリック)を参照してください。

 

pipのドキュメントページ

 

このようにしてインストールしておいたライブラリを、プログラム内で実際に使うときには、プログラムの中でimport文によってimportします。

 

#− coding: utf-8 −
Import matplotlib
これ以降でmatplotlibの描画機能が使える

 

パッケージをpipでインストールしないままプログラム内でimportすると、エラーが出るのですぐわかります。

 

その場合は改めてパッケージをpipコマンドでインストールした上で、プログラムを再度実行すれば解決しているはずです。

 

また、一部のパッケージではパッケージ内容の一部にPython以外の言語で書かれており、pipだけではインストールできずにエラーになるものもあります。

 

たとえば、パッケージの内部でC言語で書かれたモジュールを呼び出している場合、C言語でのコンパイルが必要になることがあります。

 

特にWindows上では、C言語で書かれたプログラムをソースコードからコンパイルするための環境(例えばMicrosoft Visual Studioなど)はたいていありませんので、コンパイル済みの(バイナリ)パッケージをダウンロードしてインストールするなどの手順が必要になります。

 

このような場合には、提供元のガイドページに記載されている説明に従ってください。

 

また、macOSにはC言語のコンパイル環境(Xcode)が標準では搭載されていませんが、簡単にインストールできるので提供元ページでもXcodeをインストールするよう勧められていることが多いです。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

Pythonライブラリパッケージのインストール【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonライブラリパッケージのインストール【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonライブラリパッケージのインストール【Python・R・エクセル統計解析】