Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

マクドナルド,アルバイト代計算切り捨てで是正勧告【統計解析コラム】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

マクドナルド,アルバイト代計算切り捨てで是正勧告【統計解析コラム】


マクドナルド,アルバイト代計算切り捨てで是正勧告【統計解析コラム】

 

マクドナルド,アルバイト代計算切り捨てで是正勧告

 

2005年8月1日に日本マクドナルドは社員やアルバイト13万人に対して,未払い残業代と未払い賃金の合計22億円を支払うと発表しました。

 

同社がアルバイトや社員の残業時間を30分単位で計算し,30分未満を切り捨てていた措置を是正しました。

 

この理由は兵庫県内の労働基準監督署から「社員の超過勤務手当の計算方法が不適切だ」との是正勧告を受けたためです。

 

例えば午前7時31分から午後2時59分まで働けば,実働約7時間半なのに,労働時間は午前8時から午後2時半までの6時間半となっていました。

 

これはサービス残業であり,労働基準法第24条の「賃金全額支払いの原則」に違反する.同社は1分単位の勤務時間計算に改めました。

 

モスバーガも15分未満を切り捨てていた月間労働時間を1分単位にするとしました(産経新聞2005.8.3)。

 

外食産業の皆さん,タイムカードは必ず自分で機械にかけてくださいよ。

 

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

マクドナルド,アルバイト代計算切り捨てで是正勧告【統計解析コラム】

マクドナルド,アルバイト代計算切り捨てで是正勧告【統計解析コラム】