Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

臨床試験におけるデータ管理【医療統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

臨床試験におけるデータ管理【医療統計解析】

臨床試験におけるデータ管理【医療統計解析】


臨床試験におけるデータ管理【医療統計解析】

臨床試験におけるデータ管理

 

データ管理は臨床研究を実施するにあたり重要な構成要素となる.

 

データは.臨床試験の進捗,毒性,結果を決定する.臨床試験により報告された結果は,系統だったやり方で収集され検証可能で正確なデータであるべきである.

 

多くの計画が臨床試験の実施に組み込まれ,その計画には適切な人材の経験豊富な研究チーム、適切な資源(場所,コンピュータ,患者へのアクセスなど),明確に記載されたプロトコール,正確なデータ収集および解析,法的規制の知識が含まれる.

 

研究チーム

 

 臨床試験の実施のために経験豊富な研究チームを形成することは,その成功を確実にするための重要な要素の1つである.

 

全体的なチームの義務は,研究参加者の権利を保護し.安全を確保することである.各々のチームメンバーは,倫理的な方法で臨床試験を実施し,患者の個人情報を守秘し, 法律の規則に従わなければならない.

 

各々のメンバーは重要な役割を果たしており,試験を実施するための十分なトレーニング,スタッフの配置,資源の確保のために,注意を払わなければならない.

 

スタッフ配置の要件と各スタッフの責任は,試験の計画段階で明確にされるべきである.

 

スタッフが十分な準備を確保にするために,研修ニーズの特定および誰が訓練を行うかということを事前に計画することが必要である.

 

 試験の性質に応じてチームには,研究代表者(principle investigator. PI).共同研究者(co-investigator),研究管理者(research manager),臨床研究看護師(clinical research nurse, CRN),臨床開発モニター(clinical research associate, CRA),デー夕管理者,品質保証スタッフ,統計学者,薬剤師,放射線技師,病理医,生命倫理学者,ソーシャルワーカー,栄養士や試験にかかわる可能性のある他の多くの分野の多数のメンバーがいる.

 

責任は一般的には同じであるが,地域や施設によって呼称が異なる場合がある.

 

しかし,各スタッフが課される責任は,チームがどれだけよく組織されているか,施設の臨床試験基盤,試験の種類や規模に依存している.

 

研究代表者

 

 研究代表者(PI)は,倫理的な研究の実施,登録された患者の適格性,プロトコールの遵守,有害事象報告,適時かつ正確なデータの報告を含む臨床試験のあらゆる側面に対し責任をもつ.

 

PIは,試験薬剤または介入の有効性を判定し,有害事象が試験関連であるかどうか判断する.

 

PIは,有資格者にこれらの役割の一部を委任することができるが,PIが最終的な責任をもち,スポンサー(試験依頼者)や資金調達機関への説明責任者となる.

 

臨床研究看護師

 

 臨床研究看護師(CRN)は,研究対象の疾患または障害についての多くの知識を有していることに加え,臨床研究がどのように実施されていのかを十分に理解している.
CRNは,プロトコール,データおよび規制要件の詳細な知識を有している.

 

CRNの役割には,患者の識別およびスクリーニング,適格基準の見直し,患者の登録およびランダム化,訪問や必要な検査の日程調整,スタッフや患者/家族の教育の実施を含む多くの面がある.

 

さらに. CRNは毒性および有害事象について患者に聞き取りを行い,重篤な有害事象の報告を手助けする.

 

CRNは薬物動態学的検体採取を含む血清検体を収集し,組織検体と同様に血清検体の発送準備を行う.

 

CRNは症例報告書およびデータ入力を完成させる,もしくはそういったことを実施する人を監督する.

 

PIは, CRNに上記の役割を委任することができるが,前述したようにPIはこれらのすべての活動の実施に対して最終的な責任をもつ.

 

CRNは,症例報告書のデザインの見直しや患者登録およびデータ収集の点からのプロトコールの運用がスムーズにいくように,プロトコール作成中に関与すべきである.

 

CRNは,通常は,看護学の学士号や修士号を有している.

 

 一部の状況では, CRNの役割のほとんどとはいえないが,大部分は. CRNと同等の医療知識を持っていないかもしれないが様々な教育的バックグラウンドを持っている臨床開発モニター(CRA)によって充填することもできる.

 

試験によっては, CRAは,監督を行う看護師や研究管理者と協力して作業を行う.

 

誰がその役割を果たすかに関係なく,この役割は臨床試験の管理において非常に重要である.

 

CRNまたはCRAは,密接にプロトコールに関与しており,何を.いつ,どのようにデータ収集する必要があるのかというプロトコールにおける要求事項を常に理解している.

 

データ管理者

 

 データ管理者の唯一の責任は,データ収集および文書化である.

 

この役割の個人は,電子データ取り込みシステムや分析に熟達している必要がある.

 

その責任には,原資料(source document)から研究記録へのデータの抽出,データに対する品質チェックの実行,報告書の準備,試験の中間モニタリング,患者登録をモニタリングすることである.

 

データ管理者は,症例報告書を完成させる,もしくは電子的にデータを入力することができる.

 

データ管理者はCRAもしくはPIに見落しているデータや矛盾を報告する.

 

データ管理者は,原資料の欠如を指摘し,完成させるために研究チームとともに追究する.

 

データ管理者は非常に詳細にデータを調査するので,研究の動向に最初に気付き,これらの知見を研究チームに知らせる上で重要な役割を果たしていることがある.

 

最後に,データ管理者は,外部監査において重要な役割を果たすとともに内部監査を調整する.

 

データベース管理者

 

 データベース管理者は,ソフトウェアのアップグレートを含むデータベースの設計および維持を行う.

 

また,データベース管理者は,セキュリティおよびデータの整合性を確保し,システム障害を処理し,電子ファイルのすべてをバックアップするのに適した場所にシステムが存在することを保証する.

 

2つの関連する役割は,設計,開発,テストおよび検証を含む臨床試験ソフトウェアに関連するすべての側面を担当するシステム解析者,およびコンピュータプログラムを書き,維持する能力と責任があるプログラマーにより担われる.

 

統計学者

 

統計学者は,研究のデザインに関与し,試験の目的に対処するための研究のエンドポイント,サンプルサイズ,検出力を決定するために.PIと密接に連携する.

 

統計学者は,試験および解析に用いる統計手法を決定する.

 

最後に,統計学者は,適応となった時の中間解析を含めて.データの解析,見落データの処理,試験の進行のモニタリングに対して責任がある.

 

プロトコールの設計および開発時のデータ管理に関する考慮事項

 

 プロトコールは,詳細な手順のあるロードマップのようなものである.

 

迷子になるのを回避し,最小限の障害で目的地/研究完了に到達するために,すべての細部に従うことが重要である.

 

プロトコールは,研究が行われている理由,仮説,研究の目的,これらの目的を満たすための研究の実施方法に関する情報を提供する.

 

プロトコールは,試験に登録された患者の選択と治療が一貫していることを示す十分な細かい記載がされている必要がある.

 

さらに,データ収集と提出は同一でなければならない.

 

 試験をデザインする際の最初のステップは,科学的な疑問および研究の目的を決定することである.

 

PIは,研究のエンドポイント,サンプルサイズ,データの解析方法.どのデータを最終解析に加えるかを決定するために,統計学者と綿密に連携し作業を行う.

 

プロトコールのデザインおよび開発中に,収集するデータ要素,データ収集手段のデザイン,コンピュータデータベースのデザインを成立させることが重要である.

 

これらの3つの活動は,相互に関連があり,リストされた順序で適切に行われる必要がある.

 

データ要素

 

収集されるデータ要素は,研究の目的に基づいて設定される.

 

プロジェクトもしくは臨床試験の間で共通するデータ要素の形式を作成する努力がなされており,この取り組みの目的はデータおよび研究情報の共有を容易にすることである.

 

プロトコールの中では.収集されるデータ,データ収集の方法,収集のスケジュールが詳述される.

 

この情報は表形式で示され,研究パラメータもしくは研究カレンダーと呼ばれる.

 

プロトコールは,血液および組織検体を中央検査に送付するように規定されていることもある.

 

その場合,検体の収集方法および移送方法についての詳細が示されていなければならない.

 

しばしば,患者の症状および生活の質を記載している患者質問票が収集される.研究看護師,臨床開発モニター,データ管理者は,頻繁に研究パラメータや研究カレンダーを参照する.

 

そのため,いつ,どのようにデータが収集されるのかについて,わかりやすい指示が明確に書き込まれている必要がある.

 

 データ収集の患者のコンプライアンスや実現可能性に関連する問題も,この段階で処理される必要がある.

 

要求するデータ量,収集の頻度,患者だけでなくスタッフにかかる負担について熟慮する必要がある.

 

研究の目的に対して適切であり,解析に含まれるであろうデータのみを収集することが重要である.

 

収集されるデータ要素により,試験を実施するために必要な資源と人貝が決定される.追加の資源が必要となる問題は,薬物動態,放射線や病理の中央診断,組織や血清獲得に関係する研究が含まれる.

 

症例報告書

 

 症例報告書(case report form, CRF)は,必要なデータ要素を文書化するために,スポンサーもしくはPIが作成した事前印刷用紙である.

 

症例報告書は,紙ベースまたは電子媒体入力のいずれかになる.

 

フォームの実際のデザイン以外に開発時に考慮すべき問題は,紙媒体でも電子媒体でも一般的に同じである.

 

CRFの設計の仕方は,収集されたデータの質および正確に完成させるのに必要となる労力に影響を与える.

 

データは統計ソフトウェアとリンクさせ,データを変換する必要のないようにすべきである.

 

転記および変換誤差を最小にするために. CRFを介して得られたデー夕は.明確かつ簡潔であるべきである.

 

解釈がより困難になるので,長い文書は避けるべきである.適切にデザインされれば,監査やデータ解析ははるかに容易になる.

 

CRFの量は,試験デザインだけでなく,試験の種類やフェーズ(相)により異なる.

 

多くの試験では複数の報告書となるため,レイアウト,デザイン,各報告書の符号化においては可能な限り一貫していることが重要である.

 

さらに,報告書は組織的筋道立った方法で流れ,完成し,提出するのが容易でなければならない.

 

しばしば報告書は,研究中,治療中,フォローアップ中,研究終了といったプロトコールや研究訪問の流れに応じて分けられたバインダーに入れられている.

 

スポンサーは,報告書を完成させる方法およびデータ提出の要件を満たす方法を参加施設に説明するための手順書を開発している.

 

さらに,スポンサーは,通常,データ収集を含むプロトコールのすべての而を検討する研究者会議を行う.

 

スポンサーはまた,PIの責任の調査,データ入力,提出,報告要件といったCRFを含むプロトコールの詳細の見直しを行うとき,施設訪問を実施する.

 

 CRFに加えて,データは.患者の記録,カレンダー,質問票,通話履歴,郵送調査を使用して収集される.

 

これらのツールは,原資料と考えることができ,副作用,有害事象および経口投与の試験薬に対する患者のコンプライアンスを文書化するために使用される.

 

電子データ収集にはいくつかのアプローチがある.施設には完成した紙媒体版のCRFがあり,データをコンピュータに入力する.

 

あるいは,データをデータ欄に直接入力する電子CRF (eCRF)がある.

 

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

臨床試験におけるデータ管理【医療統計解析】

臨床試験におけるデータ管理【医療統計解析】

臨床試験におけるデータ管理【医療統計解析】