Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

Python用語集3【Python・R・エクセル統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

Python用語集3【Python・R・エクセル統計解析】

Python用語集3【Python・R・エクセル統計解析】

Python用語集3【Python・R・エクセル統計解析】

 

入力

外からコンピューターに伝える情報や命令のこと。

 

ネストされたループ

ループの中に作られたループのこと。

 

バイト

コンピューターがデータを扱うときの単位の一つ。

 

バインドする

Pythonでは、画面上の特定のオブジェクトやイベントにコードを結びつけることを「バインドする」といいます。

 

バグ

プログラムが正しく動かない原因になるコードのエラーのこと。

 

パラメーター

Pythonでは関数が使用するデータのこと。関数を呼び出すときに渡します。

 

パレット

コンピューターでは、利用できるオプション(多くの場合は色)を表示しているところ。

 

比較演算子

Pythonでは「==」のように2つの情報を比較するための演算子を比較演算子といいます。

 

引数

Pythonでは、関数に渡される値のこと。

 

ピクセル

画面上に絵を表示するために使われる色のついた点。

 

ファイル

コンピューターに保存される情報の単位。
違う種類のファイルには、ファイル名の後ろにそれぞれの種類に応じた「拡張子」と呼ばれる文字がつきます。

 

ファイル拡張子

ファイル名の後ろに、ドット(.)に続けてつけられた文字列で、コンピューターはこれによってファイルの種類を判断します。
例えば、.jpgは画像、.wavは音のファイルです。

 

ファイル名

ファイルをコンピューターに保存するときにつける名前。

 

ブール値

ブール表現において「True(真)」または「False(偽)」(YesまたはNo)で表される状態を指します。

 

ブール表現

ブールロジックを使って2つの情報を比較する手段のこと。

 

フォルダー

ファイルに保存しておくときにグループにまとめておくためのもの。

 

ブランチ

条件がTrueかFalseかによって選択される、分かれた道筋のこと。
Trueならコンピューターはコードの一方のブランチを実行し、Falseならもう一方のブランチを実行します。
分岐あるいは枝分かれということもあります。

 

フローチャート

プログラムの手順を計画するときに書く設計図のひとつ。

 

プログラム

コンピューターに仕事をさせるためにコンピューター言語で書かれた一つながりの命令。

 

ブロック

Pythonでは、同じインデントを持ち、一つのまとまりとして実行されるコードの部分を指します。

 

文法

コードを書くときのルール。
これが決まっているおかげで、コンピューターがプログラムを理解できます。

 

変数

コンピューターが扱えるように情報に名前をつける方法のひとつ。
変数を使うことにより、その値で情報の変化を追い続けることができます。

 

マウスポインター

マウスで操作するときの目印になる、スクリーン上の矢印マーク。
「マウスカーソル」ということもあります。

 

右クリック

マウスの右ボタンをクリックすること。

 

メガバイト

データ量の単位。
100万バイトより少し大きい(1,048,576バイト)。

 

メニュー

コンピューターの世界では選択肢方式のリストで、多くの場合ウィンドウの上部の言葉をクリックして開きます。

 

モジュール

Pythonでは、「Run module」から実行可能なファイルのこと。
プログラムにインポートして利用できる関数のライブラリーを意味することもあります。

 

文字列

コンピューターでは、コンピューターが1文字(キャラクター)として扱う数字や文字が複数並んだもの。
ただし、数字は数「字」で、数「値」ではありません。

 

戻り値

Pythonでは、関数を実行したときに得られる結果または値のこと。

 

ライブラリー

コンピューターの世界では、あなたのプログラムにインポートして利用できる、あらかじめ用意されたプログラムのこと。

 

ランダム

パターンやシステムによって決まっていない数値で、あらかじめ予測できないように生成されます。
乱数ともいいます。

 

リスト

コンピューターで複数の情報をまとめて扱う方法のひとつ。
リストの中のそれぞれの要素には、0から始まるインデックス番号がつけられています。
配列ともいいます。

 

ルーチン

コンピューターの世界では、繰り返し使うことができるようにまとめられたコードのこと。

 

ループ

コード内の繰り返して実行される部分のこと。
「forループ」「ネストされたループ」「whileループ」などがあります。

 

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

Python用語集3【Python・R・エクセル統計解析】

Python用語集3【Python・R・エクセル統計解析】

Python用語集3【Python・R・エクセル統計解析】