Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

PythonとWebアプリケーション【Python・R・エクセル統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

PythonとWebアプリケーション【Python・R・エクセル統計解析】

PythonとWebアプリケーション【Python・R・エクセル統計解析】


PythonとWebアプリケーション【Python・R・エクセル統計解析】

PythonとWebアプリケーション

 

Webアプリケーションでは、HTMLというテキストを使って結果やユーザーインターフェイス(UI)を表示します。

 

また、ユーザーが利用するクライアント(Webブラウザ)から、プログラムが動いているWebサーバーに送られるデータの多くは文字列です。

 

このため、Webアプリケーションの開発では非常の多くの文字列処理を実行します。

 

Pythonのようなスクリプト言語を使うと、文字列を多く処理するプログラムを手早く作ることができます。

 

つまり、PythonはWebアプリケーションの開発に向いたプログラミング言語です。

 

また、PythonにはWebアプリケーションを作る際に便利に活用できる標準モジュールが搭載されています。

 

標準モジュールは、Pythonの機能を書き腸するために利用します。

 

Webアプリケーションを作るとき、よく実行する処理の多くがすでにPythonに搭載されています。

 

そのようなモジュールを活用することで、Webアプリケーションをより簡単に作ることができます。

 

また、標準モジュールにはPythonを使って簡単なWebサーバーを作るための機能も搭載されています。

 

これらの機能を活用すれば、わざわざWebサーバーをインストールしなくても、今あなたが使っているパソコンでWebアプリケーションの機能を試したり、Webアプリケーションを作ったりすることができるのです。

 

普段使っているパソコンにPythonをインストールするだけで、Webアプリケーションを試し、仕組みを学ぶことができるように配慮しています。

 

Webアプリケーションはクライアント・サーバー類のアプリケーションです。

 

そのため、実行にはWebサーバーが必要です。Pythonと標準ライブラリを使えば、簡単なWebサーバーを作ることができます。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

PythonとWebアプリケーション【Python・R・エクセル統計解析】

PythonとWebアプリケーション【Python・R・エクセル統計解析】

PythonとWebアプリケーション【Python・R・エクセル統計解析】