Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

Pythonの開発環境IDLE【Python・R・エクセル統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

Pythonの開発環境IDLE【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonの開発環境IDLE【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonの開発環境IDLE【Python・R・エクセル統計解析】

目次  Pythonの開発環境IDLE【Python・R・エクセル統計解析】


Pythonの開発環境IDLE

Pythonをインストールすると、IDLE(アイドル)と呼ばれる開発ツールが一緒にインストールされます。

 

IDLEは、プログラミングに必要な機能を一つにまとめた、オールインタイプのアプリケーションです。

 

画面に直接、コードを書き込んでその場でプログラムを実行できるほか、ソースファイルを作成して保存する機能やデバッグ(プログラムの間違いを見つけ出すこと)を行う機能が搭載されています。

 

IDLEを起動する

IDLEは、Windowsのスタートメニューのすべてのアプリ→Python3.x→IDLE(Python 3.x(XX-bit))をクリックして起動します。

 

Macの場合は、アプリケーションフォルダの「Python」フォルダ内にIDLEがありますので、それをダブルクリックして起動します。

 

エディタ画面が出てきて、Windows, PowerShellやMacのターミナルのように、入力した命令をその場で実行することができます。

 

ここで入力したソースコードは、Pythonのインタープリターで解釈して即実行することから、対話型インタープリター(またはインタラクティブシェル)と呼ばれます。

 

インタラクティブモードでプログラムを実行する

ソースコードを入力してその場で実行してみます。

 

インタラクティブシェルの画面に「>>>」と表示され、プロンプト(入力待ち状態)になっていますので、コードを入力してEnterキーを押すと文字列が表示されます。

 

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

Pythonの開発環境IDLE【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonの開発環境IDLE【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonの開発環境IDLE【Python・R・エクセル統計解析】