Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

Pythonのプログラムを作って動かす環境【Python・R・エクセル統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

Pythonのプログラムを作って動かす環境【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonのプログラムを作って動かす環境【Python・R・エクセル統計解析】


Pythonのプログラムを作って動かす環境【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonのプログラムを作って動かす環境

 

PythonのWindowsへのインストール

 

Pythonの以下Webサイトhttps://www.python.org/(英語のみ)のダウンロードタブを選択して、Windows対応のPythonをダウンロードし、インストールします。

 

PythonWebサイト(英語のみ)

 

Pythonにはバージョン2とバージョン3があり、この2つのバージョンは過去の経緯が理由で残念ながら互換ではありません。

 

つまり、V2で書かれたプログラムの一部はV3ではエラーになって動かないのです。基本はV3を利用するのが良いでしょう。

 

Pythonの使い方・文法については、ドキュメントが整備されています。

 

英語のオリジナル版はhttps://docs.python.org/3/ から、日本語の翻訳はhttps://docs.python.jp/3/ から参照できます。

 

英語のオリジナル版

 

日本語の翻訳

 

パッケージ導入のためのpipの準備

 

これ以降、いろいろなパッケージをインストールします。

 

パッケージは以下のPyPiの配布Webサイト(https://pypi.python.org/pypi)からダウンロードしインストールします。

 

パッケージPyPiの配布Webサイト

 

ただしその前に、ダウンロードのためのコマンドとしてpipを使います。

 

コマンドライン(PowereShell)上で、pip -V と打ってみてください。

 

もしすでにpipが利用可能(Windows用のPythonパッケージではその中に含まれているので利用可能)ならば、

 

C:\Users\saki> pip - V
Pip 9.0.1 from c: \users\ysakiyama\appdata\local\programs\python\python36\lib\site-packages(python 3.6)

 

のように出てくるはすです。これなら利用可能なので次へ進みます。

 

もし利用可能でない場合、

 

pip:用語 ‘pip’は、コマンドレッド、関数、スクリプトファイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。

 

のようなメッセージが出ます。

 

この場合は、Webサイトhttps://bootstrap.pypa.io からファイルget-pip.pyをダウンロードし、例えばダウンロードフォルダに格納します。

 

get-pip.pyをダウンロードするサイト

 

次にコマンドプロンプトでダウンロードフォルダに移動して、これを下記のようにしてPythonで実行します。

 

ダウンロードフォルダの位置を標準以外に設定しているなどの場合は、それに合わせてcdで指定する移動先を変更してください。

 

C:\Users\saki>cd $HOME\Downloads s-- $HOME\Downloadsフォルダへ移動
C:\Users\saki\Downloads> python get-pip.py s-- コマンドpython get-pip.pyを実行

 

これによって、pipがダウンロードおよびインストールされます。

 

ここまででPythonとpipが使えるようになります。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

Pythonのプログラムを作って動かす環境【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonのプログラムを作って動かす環境【Python・R・エクセル統計解析】

Pythonのプログラムを作って動かす環境【Python・R・エクセル統計解析】