Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

ソースファイルへのコード入力【Python・R・エクセル統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

ソースファイルへのコード入力【Python・R・エクセル統計解析】

ソースファイルへのコード入力【Python・R・エクセル統計解析】

ソースファイルへのコード入力【Python・R・エクセル統計解析】

目次  ソースファイルへのコード入力【Python・R・エクセル統計解析】


ソースファイルにコードを入力して保存する

 

ソースコードをファイルに保存しておけば、ファイルを開いていつでも実行できます。

 

@空のソースファイルを作成します。

 

AIDLEの [File]メニュー⇒[New File]を選びます

 

Bエディターウィンドウが開きます。ウィンドウの中身は空のソースファイルですので、任意のソースコードを入力します。ここでは、「print(‘Hello World!”)」と入力しました。

 

Cソースファイルのコードを実行します。ソースファイルのコードは、エディターウィンドウのRunメニュー⇒Run Moduleを選択するかF5キーを押すと、その場で実行され、結果がIDLEに出力されます。

 

DRunメニュー⇒Run Moduleを選択、またはF5キーを押します。

 

E実行結果がIDLEの画面に出力されます。

 

Fソースファイルに保存します。ソースファイルには好きな名前を付けることができます。ただし、ファイルの拡張子はPythonのファイルであることを示す「.py」ですので、必ずこれを付けるようにしてください。ここでは、「hello.py」というファイル名で保存しておきます。

 

G[File]メニュー⇒[Save]を選びます

 

H保存用のダイアログが表示されるので、保存先を選択し、ファイル名を入力して保存ボタンをクリックします。保存が済んだら、xをクリックして一旦ファイルを閉じましょう。

 

I保存が済んだら一旦ソースファイルを閉じましょう。[File]メニュー⇒[Close]を選ぶか、エディターウィンドウ右上のxをクリックします。

 

J保存したソースファイルは、IDLEの[File]メニュー⇒[Open]を選び開きます。ソースファイルを直接、ダブルクリックすると、プログラムが一瞬のうちに実行されてFileがすぐに閉じてしまいますので、ファイルを開くときはIDLEから開くようにしてください。

 

K「開く」ダイアログが表示されるので、保存先のフォルダを開いてソースファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。

 

Lソースファイルが開きます。ソースファイルを編集した場合は、[File]メニュー⇒[Save]を選択すれば、ファイルを上書き保存できます。

 

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

 

ソースファイルへのコード入力【Python・R・エクセル統計解析】

ソースファイルへのコード入力【Python・R・エクセル統計解析】

ソースファイルへのコード入力【Python・R・エクセル統計解析】