Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

エクセル統計解析にマウスは必須【Python・R・エクセル統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

エクセル統計解析にマウスは必須【Python・R・エクセル統計解析】

エクセル統計解析にマウスは必須【Python・R・エクセル統計解析】


エクセル統計解析にマウスは必須【Python・R・エクセル統計解析】

 

ここでいうマウスははつかねずみではありません。PCの周辺機器のマウスです。

 

ノートPCは進化し、誰でもどこでも手軽に統計解析できる時代です。

 

基本的に、PCの本体だけあれば多くのことができますが、意外に忘れやすいのがマウスです。

 

文書作成のみでしたら、確かにマウスは不要かもしれません。

 

しかし、エクセルでの図表作成には絶対にマウスが必要です。

 

表中のセルを移動させたり、コピーペーストしたり、描画したりする上でマウスは欠かせません。

 

マウスなしで指だけで操作すると、短時間ならいいですが長時間では確実に指が疲れてきます。

 

なお、ワイヤレスのマウスも色々なものが市販されていますが、私はワイヤー、コード付が好みです。

 

ワイヤレスですと、信号強度が弱いとうまくカーソルが動かないことがあります。

 

その点コード付の方が安定してカーソルを動かせるように思います。

 

おまけにコード付の方が安価です。

 

また、ワイヤレスの場合USBデバイス(トランシーバー)は必須になりますが、あれは小さいのでうっかりすると紛失します。

 

紛失したら、マウス丸ごと使えなくなりゴミと化します。

 

もしワイヤレスを使うのであれば、絶対なくさないように、出来ればUSBつけっぱなしが良いです。

 

マウスを使うには、ある程度の広いスペースが必要です。

 

乗り物の中ではマウスを使うのは難しいです。

 

私は新幹線の中では、マウスを使わず文書作成に専念しています。

 

喫茶店でしたら、マウスの使用は可能です。

 

また、マウスパッドがあるとなおよいです。

 

マウスパッドは、100円ショップに売っているもので十分です。

 

マウスを購入する場合、普通の大きさのマウスを購入することをおすすめします。

 

小さいと操作性が悪いですし、逆に大きいと持ち運びや移動に不便です。

 

ほどほどの大きさのものを選びましょう。

 

高価なマウスですと、キーがついていて、コピーペーストなどのコマンドを自由自在に操れるものもあります。

 

私は使ったことがないのでその便利さはわかりませんが、何もそこまで機能がなくても十分事足りるのでは、と思います。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

エクセル統計解析にマウスは必須【Python・R・エクセル統計解析】

エクセル統計解析にマウスは必須【Python・R・エクセル統計解析】

エクセル統計解析にマウスは必須【Python・R・エクセル統計解析】