Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

報道協定(記事の差し止め期間)【統計解析講義応用】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

報道協定(記事の差し止め期間)【統計解析講義応用】

報道協定(記事の差し止め期間)【統計解析講義応用】


報道協定(記事の差し止め期間)【統計解析講義応用】

報道協定(記事の差し止め期間)

 

報道協定(embargo)は.科学ジャーナルとリポーターの間の合意である.

 

言い換えると,報道協定は,特定の日付前に記事が公開されるのを防ぐ科学ジャーナルによってが定められた時間枠(time frame)である.
報道協定の時間枠にある記事の著者であるならば,あなたのインタビューはそれを受けて話していることをリポーターに知らせる必要がある.
また,報道協定がある内容について非ジャーナリストに話すことは控える.

 

彼らはリポーターと同じ制約には拘束されていない.

 

未確定の研究結果の話は「インサイダー取引」のきっかけとなるおそれ(danger)が科学と医学にはあり,例えば,株式市場で通常とは異なる動きを示した場合,証券取引委員会による調査を刺激することになる.

 

実際には,研究結果がNIHによって敏感な市場であると検討されている場合,株式市場が閉じるまでプレスリリースはできない.

 

時には,野心的なリポーターが,先走りして.報道協定の解除前にニュースを公開する.

 

その場合,何が起こるかだろうか.

 

・ジャーナルは報道規定を解除するかもしれない.

 

・ニュース記事は予定より早く流れるかもしれない.

 

 あなたの元には直ちにインタビューの依頼が殺到する可能性がある.

 

たとえ何が起こっても,あなたはすぐに広報室の指示を仰がなければならない.

 

報道協定の行先は不確かであることに注意することが重要である.

 

しかしながら,多くの臨床的刊行物が多くの著者を有するにもかかわらず,リポーターの激しい競争があったり,人々が情報をインターネット上に彼らのデータを掲示し臨床的進歩が経済的に重要であっても,報道協定は,信頼できるジャーナリストによって,依然として守られている.

 

イングルフィンガー・ルール

 

NEJMの元編集主幹のFranz J. Ingelfingerの名にちなんで名付けられた,

 

イングルフィンガー・ルール(Ingelfinger Rule)は論文情報の早い段階の公表を管理するために, 1960年代に課された.

 

たとえ医学的なミーティングの場で話す概要であったとしても,論文に関連する内容を一部の科学者が他のメディアに話した場合には,雑誌側か掲載を拒否することができるといった内容であった.

 

現在では,もう少し制限が明確にされ,かつ寛容に改変されている.

 

ミーティングで自由に話すことができ,公表することができる.

 

リポーターに自分のミーティングでのプレゼンテーションについて話すこともできるが,公開会議での範囲を超えたり,公表前に,データの詳細を渡すのは良い考えとはいえない.

 

また,リポーターに決して原稿を渡してはならない.

 

報道協定やイングルフィンガー・ルールを議論の余地があるようにするイベントは,稀に起こる.

 

臨床的警告

 

1990年代は,ジャーナルは, NIHから要請された場合や.世問に与える影響が大きいと予想される特定の研究に関して,論文掲載前に公表することについて,彼らの見解を緩和した.

 

これらのヶ−スは稀ではあるが.「臨床的警告(Clinical Alerts)」という用語でまとめることにする.

 

著名なジャーナルの中には.掲載を予定している論文データが極めた説得力があって,市民の健康に対して極めて即時の影響力がある場合には, NIHやCDCといった機関に,記者会見を開くことを許容している.

 

つまり.情報を迅速に広まることによって救われる命がある場合には,論文の掲載前に情報が開示されることもある.

 

1つの例としては,効果安全性評価委員会(DSMB)の判断で,一方の群に明らかに不利益がありそうな場合には,倫理的な面からの研究中止を資金提供機関に要請することができる.

 

同時にNIHは.研究機関として,社会に対して情報公開することを倫理的に義務づけられる.

 

研究所のセンターの広報室に連絡する場合

 

以下のリストは,広報担当者に連絡することが適切である状況の要約である.

 

・リポーターからインタビューを依頼された場合大部分の機関ノセンターにはポリシーがあり,自身の安心感のための良好な認識である.

 

・あなたが,主要な新聞,雑誌,ラジオ,テレビ,ウェブのニュースからインタビューを受ける場合.

 

・社会に対して見解を述べる方法で援助が必要な場合.

 

・テレビやラジオの予行演習を行う場合.

 

・どんなNIHポリシーが問題に関してあるかを学ぶ場合.

 

・あなたと話すことを希望している調査報道型リポーターについて懸念がある場合.

 

・報道協定について質問がある場合.

 

メディアの効果的な活用

 

メディアに話すことは難しいこともあるが.明確なガイドラインと利用できる援助が,あなたの研究についてメッセージを発信するために.研究の利益を社会に訴え, NIHが社会の健康を促進するために,どのような研究を行っているかを正しく伝えることができるかのためにある.臨床研究者として,メディアのインタビューの要求の中で,自分の必要性に気づく場合がある.

 

以下のキーポイントを覚えていることは,リポーターとうまく付き合うのに役立つであろう.

 

・人々は,科学と医学のニュースを聞くことを望んでいる.

 

・政府管轄の組織として, NIHの研究者は,大衆に研究内容を知らせる義務がある.

 

・悪いニュースや倫理的に疑問がある問題がメディアの注目を集めることを理解する.

 

・NIHは,リポーターと話すことを奨励している.
 それは,信頼性を加えて, NIHと生物医学研究コミュニテイに十分に反映される.

 

・リポーターから電話を受けた場合,インタビューに同意する前に,必要な情報を集める.

 

・一般市民に対してあなたの研究を説明する際には,できるだけ平易な言葉を使用する.

 

・コアメッセージとそれを伝えるために様々な方法を開発する.

 

・すべて記録される可能性があることを自覚し,読まれたいことのみを発言するようにする.

 

・科学者に特有である報道協定などのメディアに関する問題について注意する.

 

・援助を受けるために,機関の広報室担当者に連絡する.

 

・ニューメディアやソーシャルネットワークの環境が絶えず変化していることを考慮に入れておく.

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

報道協定(記事の差し止め期間)【統計解析講義応用】

報道協定(記事の差し止め期間)【統計解析講義応用】

報道協定(記事の差し止め期間)【統計解析講義応用】