Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

流通業におけるRの活用【Python・R・エクセル統計解析】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

流通業におけるRの活用【Python・R・エクセル統計解析】

流通業におけるRの活用【Python・R・エクセル統計解析】


流通業におけるRの活用【Python・R・エクセル統計解析】

 

流通業におけるRの活用

 

流通業(特に小売業)を取り巻く環境は、顧客嗜好の目まぐるしい変化の中で日々業態を変化させています。

 

いかに顧客動向を素早く、的確に捉えるかという命題を背負っています。それらを実践するための顧客情報管理は、データウェアハウス、データマイニング、CRMといった言葉は目新しいものではありません。

 

これらは、顧客の購買動向をつかみ、顧客一人一人に合ったマーケティングの展開(One-To-Oneマーケティング)することを可能としています。

 

しかし、実際に顧客嗜好の微妙な変化に絶えず敏感に反応する形でこれら統計、分析を活用している企業は少ないです。

 

単純に企業が保有している大量のデータを、目的のコンピュータシステムで処理をするとすぐに多大な効果が得られるというものでは決してありません。

 

コンピュータを真に使いこなすことができれば、将来を見据えた経営目標や業務の行動指標を確実にすることができます。

 

人間の経験と勘はとても大切なものであり、より明確な根拠を持って提示することができれば、こんなすばらしいことはないでしょう。

 

企業によっては、顧客全体に対する簡単なアプローチを行うことだけで多大な効果をあげることも可能なのです。

 

ここで聞きなれないRというソフトウェアがあります。

 

Rは統計、分析用のコンピュータソフトウェアです。Rの中身は、統計的な機能が実にいっぱい詰まっています。

 

これをうまく使いこなすことができれば、企業のあらゆるシーンで変化が起きてくるに違いありません。

 

それは、効率よく、効果的に仕事をこなすことができるということです。

 

しかし、うまく使いこなすためには、大いに統計という勉強をしなければならないことも事実です。

 

Rは、通常行っている集計、総計程度であればいともたやすく、わかりやすい表現をしてくれます。

 

用意するものは、テキスト形式/CSV形式のデータで十分です。データが作るいろいろなパターンを直接、目で確認することができます。

 

Rは、とても役に立つ道具です。すでにあなたは、データマイニングの世界に足を踏み入れています。

 

蓄えたデータの持つ独自のパターンを見出すことこそ、データマイニングの始まりでありRそのものです。

 

Rは、重回帰分析、数量化分析、因子分析、主成分分析、クラスター分析などが可能です。

 

また、簡単な操作で人間の視覚利用の分析(探索的なデータ解析)を適用することができます。

 

つまり、企業の販売データなどのデータのみから顧客の購買動向を捉える、商品の注文状態を見るといったことが可能です。

 

顧客管理の問題

 

顧客は、名前などの項目で名寄せられた顧客番号というIDを持っています。

 

しかし、顧客の属性は一切持っていないため、販売データなど手持ちのデータから顧客の購買傾向を探す必要があります。

 

このデータに関しては、現在も視覚的分析(探索的なデータ解析)を試行しています。

 

地域別のデータプロットでは関東圏、関西圏の特有な地域特性なども得られます。

 

また、地域別顧客登録集計数では、ある省庁の発行している統計数字との比較から、現在のマーケットシェア率や顧客集客への施策を得ることができます。これらのことは、今後の通信販売の方向性を示唆する重要な事柄です。

 

商品に注目すれば、日別の商品生産(仕入)量の目安化、地域別の売れ筋商品の分析などをビジュアルに捉えることができます。

 

これにより、全データの中で特定データが作る傾向を知ることが可能となります。結果がビジュアルなため、業務担当者の経験と勘との比較もしやすくなります。

 

Rに限らず、マイニングの中のいろいろな手法を試す前に、蓄えられたデータの全体像をプロットで観察することをおすすめします。

 

全体像をとらえた中で、効果的な問題解決や改善対応を行うことで最大効果が得られます。

 

しかし、全体像を理解しないで問題解決や改善対応を行えば、局所対応で終わってしまう可能性が大きく、確かに現場的場面での効果は得られますが、大局的、経営的場面での効果が得られるとは限りません。

 

その意味では、全体を簡単に捉えることのできるRは、企業の経営目標の下で大いに活用されうるものと期待されます。

 

流通業の場合、同業の場合でもなかなか競合他社と同じ対応がとれない環境を持っています。

 

扱い商品、業態などといったいろいろな要素が組み合わされた結果が企業成果になっているためです。

 

マーケティングプロセスも当然異なってきます。より自社に適切なマーケティングを行うためにもRは指針を与えてくれるでしょう。

 

流通業でRを薦める理由

 

Rを流通業で薦める理由は次の3点です。

 

@Rはパソコンで動くオープンソースである

 

ARの機能は日々、統計専門家の間で進化している

 

B部門単位でエクセルを知っていれば、業務担当者が操作(個人的活用)でき、自由度が高い

 

是非、Rの達人を目指し、最大効果が得られることを期待しています。

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

流通業におけるRの活用【Python・R・エクセル統計解析】

流通業におけるRの活用【Python・R・エクセル統計解析】

流通業におけるRの活用【Python・R・エクセル統計解析】