Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

コミュニティ参加型研究【統計解析講義応用】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

コミュニティ参加型研究【統計解析講義応用】

コミュニティ参加型研究【統計解析講義応用】


コミュニティ参加型研究【統計解析講義応用】

コミュニティ参加型研究

 

コミュニティ参加の原則

 

コミュニティ参加型研究(community engagement research)は.広く応用され,研究方法により少数からすべての参加まで双方向的に記述される.

 

いくつかの重要な概念により.社会生態学を応用してコミュニティの参加を促す.これらの重要な概念とは,健康状態や感情のウェルビーイング,社会的結束が個人やコミュニティの環境と個人的な特質(例えば,行動パターン.心理的傾向(psychological disposition).遺伝の物理的,社会的,文化的次元によって影響を受けるという知識を含める.

 

同じ環境は,環境や財源をコントロールする能力の認識を含む効果的,または補償要因などいろいろな要因に依存する個人の健康に異なる影響を及ぼすことがありえる.

 

その後,個人や集団は互いに複数の環境(例えば,職場,近隣,より地理的に大きいコミュニティ)で作動し,それは互いに「波及(spillover)」し,影響を及ぼし合う.最終的に,より広い社会的,政治的,環境的な「効力ポイント(leverage point)」は,健康や福利に関して影響を及ぼす.

 

コミュニティ参加の原則について. CTSA (Clinical and Translational Science Award : 臨床・トランスレーショナルサイエンス資金)コンソーシアムタスクフォースは.デザイン,実紘評価するコミュニティ参加型で,効果的な参加のパートナーシップを形成するいくつかの基本的な原則を示唆している.

 

それぞれの原則は,しばしば複数の問題に対処して,参加型の幅広い領域に適用されて、

 

(1)参加に取り組む前に重要なこと.

 

(2)効果的なコミュニティ参加が生じるために必要なこと

 

(3)コミュニティ参加を成功させるために必要なこと、の3つのセクションから構成される.

 

コミュニティ参加における最初のステップは,リーダーとメンバーからコミュニティの同意(buy-in)と信頼につながる戦略を理解することから成る.

 

研究内容によって,コミュニティの概念やコミュニティ内の複雑な関係,メンバーに入るか入らないのか,臨床研究がより大きな社会的視点を巻き込めるのか否か,もっと個人的な患者や家族の視点について理解を深める必要がある.

 

適切なコミュニティは,以下の項目が必要となる.

 

(1)適切なリーダーやコミュニティの主要なメンバーを決めること.

 

(2)コミュニティの文化的・社会規範を理解すること.

 

(3)信頼,理解,相互尊重を構築すること.

 

(4)すべてのメンバーが,実施される研究について最善の利益になると参加への取り組みが評価できるようにオープンで透明であること.

 

(5)プロセスにおけるオーナーシップ(当事者意識)が存在するように,コミュニティメンバーに権限を与えること.

 

(6)研究が終了したり,状況が変わったりする場合には,パートナーシップを持続させるアドバイザリーボード,コミュニティの健康ネットワークを構築すること,

 

(7)オープンで,頻繁なコミュニケーションをとること. (8)コミュニティメンバー間の研究リテラシーを含め,研究能力を構築すること.

 

コミュニティの特徴づけ,評価,問題の優先順位付け

 

複数の要因が,複雑かつ間接的経路を介してコミュニティの健康を形成するために相互に影響することがありえる.

 

コミュニティの特徴づけにおいて,コミュニティの意見および情報から得られた質的データは,量的な人口統計学的データおよび健康データと同様に重要である.研究されている介入や研究課題に応じて,組み合わされた質的・量的リサーチアプローチは,妥当性を外部から担保させる手段として推奨される.

 

コニュニティペースの介入研究を計画し,実施するためには,疾患有病率,罹患率,死亡率のような正確な健康状態指標を得ることが重要である.

 

また,特に生態学的研究のために社会的環境の側面についても知っておくことが重要である.

 

これらの側面は,経済(例えば,所得分布,生活費,貧困率),屈用(例えば,就業率,就業状態),教育(例えば,卒業,ドロップアウト,リテラシー(識字)率,学校の特徴),地域の政策や市民の参加,環境要因(例えば,大気・水質,環境災害,土地利用および建築環境).住居(例えば,住居様式,住宅ストック,費用.コミュニティの再投資イニシアティブ).医療資源(例えば.プライマリケアや専門医療の提供.救急医療,アクセス,利便性).政府のプロセス(例えば,歳人.立法.サービス).公衆衛生インフラ(例えば.プログラム.規制と公衆衛生の施行,人気の質,健康と食物.公衆術生資金).心理・社会的側面(例えば.ボランティア団体.刑務所,・保護施設).行動アプローチ(例えば.喫煙.身体活動.ダイエット/肥満,暴力),交通条件(例えば.安全性,インフラ.愉送形態.公的交通機関)を含む.

 

社会サービスとリソースの配分

 

健康なコミュニティは.医療と医療サービス(コミュニティ病院,救急医療,診療所,薬局など)への」地域のアクセス,良い教育と機会,礼会的支援サービス(社会福祉,社会保障など)を含み.健康的な食品(農産物のための野外の市場,食料市場.きれいな水や衛生的な環境を地元で得られるリソースを持つ傾向が強い.

 

リソースのコミュニティ配分は.直接的または間接的な経路を介して.集川の健康に影響を及ぼすことがありえる.

 

不十分な,あるいはないに等しい社会サービス,リソースは.良好な教育と雇用の機会を減らし.さらなる貧困,栄養不良,ホームレス.飢餓に至る可能性がある.

 

コミュニティの社会サービスやリソースのような個人収人以外の要因は.貧困と関連した健康状態の決定要因で.強力な役割を果たす。

 

一部の研究者は.コミュニティに起因する社会経済的条件による格差が,根本的な健康の決定要因であると考える。

 

収人のような他の要因が考慮されるときでも.エビデンスの多数は教育と健康を関連づける。

 

教育を受けた人々は健康情報に関しても多くの情報を得て,運動をし.定期的な検診.医療を受ける傾向にある.

 

彼らはまた.基本的なニーズを満たすためにより高い収入の雇用の機会を得る。

 

心血管疾患研究は.教育のより低いレベルが,高血圧や喫煙.高コレステロール.ならびに心血管疾患の罹患率.死亡率と関連していることを示している。

 

心血管疾患に対する収人.教育.職業および一連のリスクフアク夕ーの関係を調べた研究では.収人は,子どもの飢餓とその結果の臨床認識の重要性を強調して,家族のために食物関連のリソースヘのアクセスを強化する予防的な介入と取り組みを要求した.

 

不可欠なリソース(例えば,食物)を除いて,コミュニティは.例えば,タバコ,アルコール.健康とリスク行動に影響を与えることがありえる麻薬など特定の商品に.他と異なるアクセスを持つことがありえる.

 

研究者は,コミュニティの居住者の収入状況が,コミュニティの人種構成やアルコール摂取度(alcohol availability)に関係性をもたらす範囲を調査した.

 

彼らはまた,人種の差別とリスクが高いクラスに置かれた低収入のアフリカ系アメリカ大のコミュニティがそれぞれのコミュニティにそのような蓄積があるかどうかを探究した.

 

バルチモア(メリーランド州)の194の国勢統計区において,コミュニティの人種構成,近隣住民の平均収入,アルコール小売店の1人当たりの数について,多変最解析が行われた.

 

この解析によって,国勢統計区の社会経済的地位をコントロールしても,主にアフリカ系アメリカ人の国勢統計区にアルコール小売店が不相応にあるということがわかった.
低収入でかつアフリカ系アメリカ人の国勢統計区では,他の国勢統計区よりも1人当たりかなり多くのアルコール小売店を持っていた。

 

食料.水.医療などの基本的なリソースヘの不均等なアクセスは,社会的結束(social cohesion)を低下させることによって.コミュニティに影響を及ぼす.

 

社会的公正,コミュニティとの関わり,そしてコミュニティの社会的結束を支持する社会関係資本(social capital)は,コミュニティの健康を促進するために重要である.

 

公共の利益のために介入したいという意欲と組み合わされた隣人間の社会的結束として定義される「集合的効力感(collective efficacy)」は,減少した暴力に関係している.

 

研究は,コミュニティの社会的結束力(社会関係資本と集団的効力感の指標によって測定される)のいくらかが犯罪や破壊行為に抗してコミュニティを守ることができ、健康への悪影響から保護することができるリソースを持つコニュニティをもたらすことができることを示している.

 

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

コミュニティ参加型研究【統計解析講義応用】

コミュニティ参加型研究【統計解析講義応用】

コミュニティ参加型研究【統計解析講義応用】