Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

ハザード比【統計解析講義応用】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

ハザード比【統計解析講義応用】

ハザード比【統計解析講義応用】


ハザード比【統計解析講義応用】

ハザード比

 

ハザード比は,基準の時点からイベントが発生するまでの経過時間を解析することによってイベントの発生率を比較します。

 

生存率曲線などの指数関数的な減衰曲線は対数をとることで時定数を傾きとした比例直線になります。

 

この時定数をハザードと呼び,研究群と対照群とのハザードの比をハザード比と呼びます。

 

リスク比が一定期間におけるイベントの平均の発生率の比を表すのに対して,八ザード比はある時点における瞬間のイベントの発生確率の比を表します。

 

ハザード比にはイベントが発生するまでの時間的な変数が含まれているのが特徴で,経過観察中にイベントがまだ発生していない症例,あるいは中途の観察打ち切り症例を含んだデータの分析ができます。

 

コックス比例ハザード分析は,経過時間とそのほかの複数の因子によってイベントの発生確率を分析する多変量解析です。

 

カプランマイヤー(Kaplan-Meier)法のログランク検定は,比例ハザード分析を2変量(イベントと単一因子)で行う単変量解析です。

 

経過時間と単一因子の影響を調べます。

 

ハザード比が1であると,イベントを発生するまでの経過時間に差がありません。

 

ハザード比が1より大きいと時間が短くなり(リスク増加)。ハザード比が1より小さいと時間が長くなります(リスク減少)。

 

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

ハザード比【統計解析講義応用】

ハザード比【統計解析講義応用】

ハザード比【統計解析講義応用】