Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

大規模実践的試験の基本的な機能【統計解析講義応用】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

大規模実践的試験の基本的な機能【統計解析講義応用】


大規模実践的試験の基本的な機能【統計解析講義応用】

大規模実践的試験の基本的な機能

 

調整機能

 

大規模実践的試験の基本的な機能は知的かつ科学的リーダーシップ,施設マネジメントおよびデータマネジメントである.

 

中核となる機能は,情報技術,財務,人的資源,契約管理,薬剤および供給物の提供を含む様々な管理機能によってサポートされている.

 

大規模試験の規模を考えると,各プロジェクトはプロジェクトマネジャーとPIの管理およびリーダーシップのスキルに依存している.

 

これらの機能のいずれかひとつが主に弱い場合,全体の努力が失敗に終わる可能性もある.

 

一方,全機能が優れていれば,充実した,間枠を超えた外挿が必要となることについて,長期的な示唆を与えている.

 

技術の半減期は,今や非常に短いため.長期のランダム化試験は歴史的遺物になってしまうリスクがある.

 

この多くは,相対的有効性試験の必要性を十分認識することにより発生するが,それはまた,複数の視点から熱く議論される.

 

新設されたPatient-Centered Outcomes Research Institute (PCORI)がこの難しい問題に対して見解の一致を得るためのフォーラムを提供することが期待される.

 

情報共有

 

医薬品や製薬企業の営利目的の特質および増加している医療提供システムの財政的方向性により,重要な医学的情報は利用可能とならないというリスクが存在する.

 

製薬企業の報奨金は莫大な創造性を刺激してきており,維持されるべきものである.

 

しかし,より広くヘルスケアを向上するための情報を共有する医療提供者の職業倫理および競争力を維持するための財政的に生ずる供給システムの必要性の間で,潜在的な論争が存在する.

 

迅速にデータを共有して解釈する能力が指数的に増加するとき,皮肉なことに,この潜在的な論争は,明らかになる.

 

患者は,医学的研究がなされたとき,この情報が共有されると期待している.

 

インフォームド・コンセントが得られたとき,一般的に健康を増進するための情報共有は,提供者と患者の間の倫理的契約の重要な一部となっている,という異論がある.

 

ほとんどの臨床試験についての結果および有害事象の登録を必須とする最近の米国政府の法制度は.この様子に大きな変化を与えている.

 

結果を公的に閲覧できるだけでなく,試験を越えた情報を統合するために使うことができる形式で入手可能である。

 

たとえ結果が特定の製品または信念にとって好ましくないことであっても,この必須要件は,すべての臨床試験を,試験依頼者の考えを傷つけることを避けるために結果が利用可能となるのに十分な公共性を与えるための潜在的なものとなる.

 

臨床試験の実施とデータに対するさらなる光は,患者擁護団体と自分たちのデータを収集している病の患者の独立組織からの圧力の結果である.

 

Cystic Fibrosis Foundation (CFF)とMultiple Myeloma Research Foundationsは彼らが入手できることを保証するための調査の多くを統制してきた.

 

将来

 

ヒトの生物学についての知識の継続的な激増していること,および生物学と技術の自由な利用における財政的出費の増加が不可能な社会になったことにより臨床試験の未来は明るい.

 

定量的な情報なしで,医療行為について何をサポートするべきか,そして何を避けるべきかについての決定をする合理的な方法はない.

 

今後,開業医は,治療をする時点で情報を得るためのコンピュータデータベースを生み出す電子カルテをますます利用するだろう.

 

この領域の初期の努力は,支払者と質のレビュー者からの指示に合う手順報告書に焦点を合わせ,健康管理システムでの患者の全体の様子についての情報を得ることを目的としているシステムと置き変えられるだろう.

 

このアプローチの推進力は,診療に対して支払った人から生じるけれど、開業医は.合理的な診療を正当化して診療提供の全体的な効率性を向上するために有用な情報を見出すだろう.

 

マルチメディアを使ったプレゼンテーションにより,臨床医が,診療所や病院でカルテと画像解析を同時に見ることを可能にするだろう.

 

情報の効率的な交換を促進するため,診断,治療および結果の体系化が着実に標準化されるだろう.

 

情報のコンピュータ化された管理は,開業医の統合された健康システムへの不可避となる合体の一部である.

 

合理的なコストで患者集団を効率的に世話するため,開業医は,大きく,地理的に関係し,経済的に相互依存しているグループに中で働くだろう.

 

この健康システムの統合は,ケアの戦略が時間とともに試みられ,医療提供者にとって継続的に勉強できるプロセスにおいて改善される新しい時代のアウトカム研究を推進するだろう.

 

統合された健康管理システムが医療行為のための構造を提供するけれど,世界的なコミュニケーションが診断,予防,予後および一般的な疾病と一般的でない疾患の治療についての疑問に迅速に回答する仕組みを提供するだろう.

 

複数の健康システムにおける多数の患者の情報を統合する能力は臨床の研究者が直面している重大な問題を変えるであろう.

 

データを得る努力ではなく,利用可能なある種の情報を分析して解釈する効率的な方法を開発することが,ますます注目されるだろう.

 

最終的には,優れた開業医は,共通に興味のある病を治療することに起因する世界的なネットワークで1つのグループとなる.

 

ランダム化か必要な特別な疑問が見つかるとき,ランダム化はコンピュータデータベースに簡単に追加することができるため,その試験はもっとシンプルになるだろう.

 

そして,現在,臨床試験のデータベースの構築を必要としている情報に,追加の手間なくすぐにアクセスすることができるだろう.

 

情報システムは臨床医に対する情報の継続的フィードバックを提供するためにデザインされ.治療の合理的な決定をサポートする.

 

要するに,一連の継続的な観察研究は,進化し,診断のプロセスと治療の戦略に応じた結果を評価することになるであろう.

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

大規模実践的試験の基本的な機能【統計解析講義応用】

大規模実践的試験の基本的な機能【統計解析講義応用】