Python・R・エクセルによるデータサイエンス | 統計解析講義

臨床研究者とメディア【統計解析講義応用】 | 統計解析 - Python・R・エクセルを使った講義で最速マスター

臨床研究者とメディア【統計解析講義応用】

臨床研究者とメディア【統計解析講義応用】


臨床研究者とメディア【統計解析講義応用】

臨床研究者とメディア

 

NIH (National Institutes of Health, 米国国立衛生研究所)で臨床研究を実施している科学者であれば,メディアの対応に携わる機会に遭遇する.

 

記者とうまくつき合うためには,他のスキルと同様に,基礎を学び,助言を受け入れ,練習することが必要である.

 

一見簡単そうに見えるが,実際行動に移すのは難しいものである.

 

健康(health)と医学(medicine)は,メディア社会的関心が高い2大トピックであり,連日のようにメディアに取り上げられている.

 

リポーター(reporter.記者)は,常に新しいニュース,新しい見地を探している.

 

それが,医学研究にとって良いニュースであるか悪いニュースであるかどうかにかかわらず,メディア側への情報提供を期待される.

 

将来有効な治療につながる可能性がある研究結果が出た場合には,いち早く公表されることが期待される.

 

より多くの影響(インパクト)を及ぼすほど.公衆の関心も大きくなる.

 

研究者側に十分な対応が準備できる前に,メディアへの情報提供が余儀なくされる場合がある.

 

逆に,悪い何かが研究中に起これば,メディアはあなたのもとへ押しかけてくる.

 

例えば,研究中の治療の有害反応のために患者が死亡した場合,あるいは,プロトコールが規制やガイドラインに準拠しなかったために患者が被害を被った場合,または,調査報道型リポーター(investigative reporter)は利益相反の申し立てをかぎつけ,メディアから執拗に追われることとなるかもしれない.

 

直接的な関与のいかんにかかわらず,対応を求められることもある.

 

研究施設以外で起こった出来事でさえ,呼び出される可能性は大いにあり,リポーターに,あなたの反応や観点が求められる.

 

ましてや, NIHが支援している臨床試験であるならば. NIHのスタッフが何らかの形で関与していたと判断され対応を迫られる.

 

NIHの臨床研究者は,税金(public dollars)で支えられている機関で慟いている.

 

国民(公衆)には,良いニュースおよび悪いニュースを知る権利がある.

 

彼らが肯定的に捉えているか否定的に捉えているかにかかわらず,つまり,研究者はメディアの質問に対処することができなければならない.

 

メディアは,多くの場合,臨床研究や患者保護の改善をもたらす情報を発信している.

 

現代の臨床診療(clinical practice)を管理するルールや規制の変更の多くは,歴史における踏み誤り(misstep)や濫用(abuses)の結果として生じた.

 

1932年のTuskegee(タスキギー)の梅毒実験に始まり, 1999年に遺伝子治療の臨床試験に参加した青年の悲劇的な死. 2010年に発覚した1940年代のグアテマラにおける非倫理的な研究など,臨床研究の倫理と継続的な改善の必要性の社会の認識を形成する上で,メディアは重要な役割を果たしてきた.

 

あなたの臨床研究が主要な新聞の一面で.夕方のニュースに取り上げられる可能性もある.

 

良い例は,2009年の春の米国におけるH1N1型インフルエンザのアウトブレイク(outbreak)である.

 

NIHと国中のNIHサポート機関の研究者は,効果的なワクチンの開発に直ちに取り組んだ.

 

メディア報道は,新聞,ラジオ.テレビ,ウェブと広範囲にわたった.

 

国立アレルギー・感染症研究所(National Institute of Allergy and Infectious Diseases, NIAID)の所長であるAnthony Fauci博士は,数えきれないほどのインタビューを受け,テレビ,ラジオ,そして新聞記事に何度も登場した.

 

ほんの数カ月で.臨床試験は候補ワクチンの試験を開始した.

 

秋までには,効果的なワクチンが開発され,大量に製造されて,国内および世界中至る所で投与された.

 

これは,科学の進歩と公衆の健康の危機に対して「上手く立ち回って(turn-on-a-dime)」対応した素晴らしい例である.

 

Fauci博士はメディアの重要性を理解し,彼自身をリポーターに利用できる立場においた.

 

そして公衆が理解できる方法で,複雑で科学的な問題に対してわかりやすい,説得力のある回答を提供するようにした.

セミナー詳細こちら                    解析ご相談こちら


 

臨床研究者とメディア【統計解析講義応用】

臨床研究者とメディア【統計解析講義応用】

臨床研究者とメディア【統計解析講義応用】